menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

倉岡 卓也(くらおか たくや)助手

倉岡 卓也

所属

薬学部 薬学科

専門分野

糖質生化学

研究テーマ

病原性真菌類の免疫化学的性状の解明

担当科目

微生物学実習

所属学会

日本糖質学会、日本細菌学会、日本生化学学会、日本薬学会

研究室

薬学棟L205(微生物学)

連絡先

0956-20-5611

E-mail

kuraoka

URL

-

プロフィール

2015年 長崎国際大学 薬学部薬学科 卒業
2015年 長崎国際大学 薬学部 助手

研究紹介

研究用試薬の開発及び冬虫夏草由来生理活性物質の探索


(1)抗生物質を利用した新しい研究用試薬の開発:微生物が産生する二次代謝物は様々な生理的機能を持つことが知られています。放線菌の産生する抗菌活性を有する抗生物質群のうち、ある糖鎖に特異的に結合し複合体を形成、沈殿させる物質を見出しました。このあたかもレクチンの様な性質を利用して新しい研究試薬への応用を試みています。現在はカンジダ細胞壁マンナンと冬虫夏草の研究を通して、その有用性を検討しています。

(2)冬虫夏草の人工培養で産生される生理活性物質の探索:昆虫生体培養法を用いて冬虫夏草の安定供給に成功している企業と提携し、この抗腫瘍活性本体(低分子化合物)の特定及び構造決定を目標に冬虫夏草培養液の分離・精製を進めるとともに、正常細胞への影響を動物実験等から評価することで、新規医薬品リード化合物の発掘と同時に他の生物活性の探索に邁進しています。

社会活動

各種委員・役員等

CAI運用・活用委員会
教務委員会
国試・CBT対策委員会
生涯学習・教育委員会
同窓会薬学部門支援委員会

研究実績

学会発表


  • 岩永 彩希、 倉岡 卓也、 宿利 桃花、 藤松 範彦、 小 林 秀光、 小川 由起子、Benanomicin Aを用いた冬虫夏草由来マンノース含有多糖の分離、日本薬学会第138年会(2018年3月, 金沢)
  • 倉岡 卓也、石山 明人、緒方 裕季恵、松尾 優香、小山田 浩子、小川 由起子、小林秀光、抗生物質Benanomicin Aで調製したCandida krusei細胞壁マンナン-タンパクのアルカリ不安定糖鎖について、環境微生物学系合同大会2017(2017年8月、仙台)
  • 小川由起子、森永紀、高堤雄貴、青木結以、竹下慎太郎、西村悠吾、倉岡卓也、藤井佑樹、矢萩信夫、矢萩禮美子、小林秀光, Coordyceps roseostromata 二次代謝産物のヒト癌細胞に対する抗腫瘍効果, 日本薬学会第137年会(2017年3月, 仙台).
  • 小川由起子、森永 紀、倉岡卓也、益田玲、中尾妃佐、原口翔子、平地由佳、矢萩信夫、矢萩禮美子、小林秀光、Cordycepts rosestromata 二次代謝産物のヒト白血病細胞に対するアポトーシス誘導活性、薬学会第135年会(2015年3月、神戸)

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • 開国祭
PAGE TOP
...loading