menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

松本 知子(まつもと ともこ)講師

松本 知子

所属

人間社会学部 国際観光学科

専門分野

英語学、生成文法、統語論、英語教育

研究テーマ

・非定形節の統語構造
・映画を用いた英語教育
・リメディアル文法教育

担当科目

英語演習ⅠA/ⅠB/ⅡA/ⅡB/ⅢA/ⅢB,English Reading Skills I/Ⅱ,English Writing Skills Ⅲ,教養セミナーA/B

所属学会

日本英語学会、日本言語学会、日本英文学会九州支部、全国英語教育学会、映像メディア英語教育学会、日本英語表現学会

研究室

研究棟309号室

連絡先

TEL:0956-20-5532(研究室)

E-mail

tmatsumoto

URL

プロフィール

熊本県出身
2002年 熊本大学教育学部小学校教員養成課程 卒業
2006年 九州大学大学院人文科学府修士課程 言語・文学専攻 修了
2009年 九州大学大学院人文科学府博士後期課程 言語・文学専攻 単位取得満期退学 
2010年 高知工業高等専門学校総合科学科 講師
2013年 東海大学福岡短期大学国際文化学科 特任講師
2016年 長崎国際大学人間社会学部国際観光学科 講師(現在に至る)

研究紹介

様々な文法現象の解明を求めて

 時制要素を含まない非定形節(不定詞節や仮定法現在節など)の統語構造に関心を持っています。統語構造と意味との関連性に着目し、様々な文法現象の解明、ミニマリストプログラムへの理論的貢献を行うことを目的に研究をしています。また,映画を使った英文法の効果的な指導法、英語リメディアル文法指導法についても研究しています。

研究活動

科研費・競争的資金


  • 2018年4月 ~ 2020年3 月
    基盤研究(C) 研究分担者
    Development of a Massively Open Online Course (MOOC) for Language Training to Support the Globalization of the Hospitality Services Industry 総額:2860千円

受賞・表彰


  • 2017年度 長崎国際大学 ベストティーチャー賞(授業アンケート部門)

  • Thom Rawson, Tomoko MATSUMOTO, John Patrick OWATARI-DORGAN and Brendan VAN DEUSEN, 2017年度日本ムードル協会 ベスト・ムードル・オープン・コース賞 佳作賞

社会活動

社会貢献・地域連携

2015.4~2016.3 宗像市役所のグローバル人材係の方々との連携
英語を使うボランティア活動(むなかたガイドや宗像国際環境100人会議など)に学生を派遣

教育活動

客員・兼任・非常勤講師等

2002~2003年 福岡市立東吉塚小学校
2004.1~2004.3 熊本市立出水南小学校
2006~2010年 熊本大学教養教育実施機構 非常勤講師(担当科目「英語A-2,英語B-1」)
2009~2010年 熊本学園大学 非常勤講師(担当科目「英語IB再履,英語IIB」)
2009~2010年 熊本大学文学部コミュニケーション情報学科 教務補佐(担当科目「TOEIC勉強会」)
2010年12月 熊本大学学際科目(担当科目「文化接触の諸相(英語史)」)
2015.4~2016.3 九州工業大学 非常勤講師(担当科目「総合英語CⅡ」)
2017.10〜2020.3 長崎大学教養教育班 非常勤講師(担当科目「総合英語Ⅲ、英語コミュニケーションⅢ」)

講演会

2010年7月 高知高専教養講座「ことばを意識する」
2012年7月 高知高専教養講座「ことばの面白さ」

研究実績

著書

今井典子,高島英幸編著,一貫した小・中・高等学校における学習段階に応じた英語の課題解決型言語活動―自律する言語使用者の育成―,pp.408-411,東京書籍,2015年6月

原著論文


  • John Patrick OWATARI-DORGAN, Tomoko MATSUMOTO, Brendan VAN DEUSEN and Thom Rawson, Reflections on Implementing ER Across All-First-Year English Classes at a University in Japan, 長崎国際大学論叢 第20巻, (2020年3月) 研究ノート, pp. 1-8

  • Junya Hirano, Tomoko Matsumoto, Rhetoric of “Will I See You?”: Based on an Analysis of Fictional Conversations, STEM Journal,Vol. 20, No. 4, (2019年11月) pp. 23-44.

  • 松本知子, 推量を表すmustに関する一考察―未来時への言及の観点から―, 長崎国際大学論叢 第19巻, (2019年3月) pp. 11-20

  • Thom W. Rawson, Tomoko MATSUMOTO, John Patrick OWATARI-DORGAN and Brendan VAN DEUSEN, Utilizing the Moodle Database Activity for Supporting Student-Centered Learning in Developing an Intensive English Program Curriculum, 長崎国際大学論叢 第19巻 (2019年3月) 研究ノート, p.32-44

  • Junya Hirano, Tomoko Matsumoto, Bridging Grammar and Communication: Focusing on the Preposition Of, STEM Journal,Vol. 19, No. 2, (2018年3月) pp.21-46.

  • 松本知子,距離感をもたらす英語表現―効果的な指導法を求めて―,長崎国際大学論叢,17巻,(2017年3月)pp.63-73

  • 真下仁・藤本幸男・宮川幹平・岡本武志・松本知子,短期大学型初年次教育におけるキャリア教育の位置付け:進路を意識付ける教育ユニットの開発,東海大学短期大学紀要,48号,(2015年3月)pp.27-34

  • 松本知子,映画を用いた英語の句動詞についての一指導法,映画英語教育研究,19号,(2014年3月)pp.121-136

  • 前田雅子・松本知子,日本語のsluicing文に関する統語分析,九大英文学,53号,(2011年3月)pp.117-138

  • 平野順也・松本知子,映画を利用したTOEICリスニング指導―総合的な英語力を目指して―,映画英語教育研究,16号,(2011年1月)pp.91-103

  • 松本知子,不定詞節と仮定法現在節の統語構造分析―wh島とthat生起の現象を中心に―,九大英文学,51号,(2009年3月)pp.117-133


学会発表


  • Thom Rawson, Tomoko MATSUMOTO, Making a MOOC: What We’ve Learned So Far, 全国語学教育学会・第45回年次国際大会教材展示会, 2019年11月

  • 松本知子, 推量を表すmustとbe bound toの違い, 第48回日本英語表現学会全国大会, 2019年6月

  • Thom Rawson, John Patrick OWATARI-DORGAN, Tomoko MATSUMOTO, Brendan VAN DEUSEN , Utilizing the Moodle Database Activity for Student-Centered Learning, Moodle Moot 2019, 2019年2月

  • John Patrick OWATARI-DORGAN, Brendan VAN DEUSEN and Tomoko MATSUMOTO, Training EFL Teachers to Use ER for the First Time, 全国語学教育学会・第44回年次国際大会教材展示会, 2018年11月

  • 松本知子, 平野順也, willのレトリック, 第24回映像メディア英語教育学会全国大会, 2018年10月

  • Junya Hirano, Tomoko Matsumoto, Searching for New Ways to Teach Grammar: Focusing on Auxiliary Verbs, The 16th Asia TEFL International Conference(at University of Macau), 2018年6月

  • Junya Hirano, Tomoko Matsumoto, Developing a Naturalistic Sense of Lexicon and Grammar to Improve Communicative Competencies, The 15th Asia TEFL International Conference and 64th TEFLIN International Conference, 2017年7月

  • 松本知子,推量の助動詞とその完了形:日英比較の観点から,日本英語表現学会,2017年6月

  • Junya Hirano, Tomoko Matsumoto, Building Communicative Grammar Teaching Methodologies: Not an Either/Or Approach, The 14th Asia TEFL International Conference and 11th FEELTA International Conference, 2016年6月

  • 松本知子,英文法・語彙指導を新たな視点で(効果的な指導法を求めて),日本リメディアル教育学会,2015年8月

  • 松本知子,仮定法と助動詞を通して話者の気持ちを読み取る―効果的な指導法を求めて―,映画英語教育学会,2015年8月

  • 松本知子,平野順也,参加型の英文法学習~効果的な指導法を求めて~,日本リメディアル教育学会,2014年8月

  • 松本知子,英語句動詞の段階的指導~認知意味論の視点から~,日本英語表現学会,2014年6月

  • 松本知子,英語の句動詞についての一考察―効果的な指導法を求めて―,映画英語教育学会,2013年8月

  • 松本知子,英語におけるwh語+不定詞補文について,日本英文学会九州支部,2010年10月

  • 平野順也, 松本知子,映画を利用したTOEICリスニング指導,映画英語教育学会,2010年8月

  • Junya Hirano, Tomoko Matsumoto,Searching for its Place: Autonomy in the Japanese Educational System,International Foreign Language Teaching Conference: Independent Learning,2010年6月

  • Masako Maeda, Tomoko Matsumoto,Sluicing Constructions in Japanese,ELSJ International Spring Forum,2010年4月

  • Masako Maeda, Tomoko Matsumoto,Sluicing Constructions in Japanese,福岡言語学会,2009年12月

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
  • NIU Family
PAGE TOP
...loading