menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

宮本 彩(みやもと あや)助教

宮本 彩

所属

人間社会学部 国際観光学科

専門分野

バイオメカニクス

研究テーマ

①子どもの疾走能力および疾走動作について
②アンプティサッカー競技者の疾走動作について

担当科目

スポーツ実習A・B、陸上競技、バイオメカニクス、測定評価

所属学会

日本体育学会、日本バイオメカニクス学会、日本体力医学会、日本アダプテッド体育・スポーツ学会、日本トレーニング科学会

研究室

310

連絡先

-

E-mail

a-miyamoto

URL

-

プロフィール

2008年 順天堂大学 スポーツ健康科学部 スポーツ科学科 卒業
2010年 順天堂大学大学院 スポーツ健康科学研究科 修了【修士(スポーツ健康科学)】
健康運動指導士としての勤務を経て
2015年 順天堂大学 スポーツ健康科学部 スポーツ科学科 助手
2017年 長崎国際大学 人間社会学部 国際観光学科 助教
2018年 順天堂大学大学院 スポーツ健康科学研究科 修了【博士(スポーツ健康科学)】

研究紹介

走りを科学する

走運動は、ヒトにとって最も基本的な身体運動のひとつであり、多くの運動・スポーツにとって必要不可欠な要素といえるでしょう。私は、競技者のみならず、子どもや障がい者を含めたすべての人が、自らの体力や能力に応じた「走り」を、楽しみながら習得できるよう、スポーツバイオメカニクスの手法を用いたパフォーマンスの評価・分析を行っています。

研究活動

科研費・競争的資金

1.アンプティサッカーにおけるクラッチ走動作の解明とその習得・習熟法の確立. 若手研究(B), 研究代表者, 研究課題番号16K16528, (平成28~29年度)

社会活動

社会貢献・地域連携

2018アンプティサッカーワールドカップ・メキシコ大会 日本アンプティサッカー協会 帯同スタッフ

教育活動

講演会

NSCAジャパン九州地域ディレクターセミナー(2018年11月25日)

研究実績

著書

1.宮本彩, 前鼻啓史, 柳谷登志雄:特集【トレーニング科学のスポーツおよびその他の分野への応用】トレーニング科学のアダプテッドスポーツ研究への応用, Journal of TRAINING SCHIENCE for Exercise and Sport., 28(2), pp. 51-56, 2017

原著論文等


  1. Aya Miyamoto, Tomonari Takeshita, Toshio Yanagiya. Differences in sprinting performance and kinematics between preadolescent boys who are fore/mid and rear foot strikers. PLoS One. 13(10): e0205906. 2018.

  2. Hirofumi Maehana, Aya Miyamoto, Makoto Kiuchi, Kenichi Koshiyama, Masafumi Yoshimura. The Comparison of Attacking Aspects between the International Level and Domestic Level in Amputee Soccer Tournament. International Journal of Sport and Health Science. 16:1-9. 2018.

  3. Hirofumi Maehana, Aya Miyamoto, Kenichi Koshiyama, Toshio Tanaka Yanagiya, Masafumi Yoshimura. Profile of match performance and heart rate response in Japanese amputee soccer. The Journal of Sports Medicine and Physical Fitness. 58(6):816-824, 2018.

  4. Aya Miyamoto, Hirofumi Maehana, Toshio Yanagiya. Characteristics of anaerobic performance in Japanese amputee soccer players. Juntendo Medical Journal, 2018; 64(Suppl 1): 1-5. The 3rd congress International academy of Sportology. Tokyo, Japan. 2017 October. Best Poster Award受賞

  5. Aya Miyamoto, Yukiko Takami, Masaki Nakano, Toshio Yanagiya. Comparison of the maximum toe flexor muscle strength be-tween Kendo athletes and competitive swimmer. Proceedings of the 21st Annual Congress of the European College of Sports Science. Vienna, Austria. 2016 July.

  6. Aya Miyamoto, Yukiko Takami, Toshio Yanagiya. Relationship between maxi-mum toe flexor muscle strength and anthropometric variables of the lower thigh and the foot in athletes. Proceedings of the 34th International Conference on Biomechanics in Sports. Tsukuba, Japan. 2016 July.

  7. Aya Miyamoto, Toshio Yanagiya. Seasonal changes in physical fitness of adolescent track and field athletes. Proceedings of the 2nd congress, International Academy of Sportology. Juntendo Medical Journal, 62(suppl1), 189-193, 2016

  8. 宮本彩. 高校生期の陸上競技者における年間を通しての体力変化に関する研究. 順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科, 修士論文. 2010

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • ドクター安東の「恋と映画と健康と」
PAGE TOP
...loading