menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

種橋 征子(たねはし せいこ)講師

種橋 征子

所属

人間社会学部 社会福祉学科

専門分野

高齢者福祉 介護福祉 福祉経営論 ソーシャルワーク

研究テーマ

介護福祉施設における理念浸透、「ケア」の概念についての研修方法開発

担当科目

〔学部〕
福祉経営論 福祉行財政と福祉計画論 社会福祉発達史 相談援助演習Ⅰ 相談援助実習指導Ⅰ・ⅡA・ⅡB 相談援助実習 教養セミナーA・B 専門基礎演習A・B 福祉科教育法

〔大学院修士課程〕
福祉政策経営特講 介護福祉特講 事例研究(福祉政策経営) 事例研究(介護福祉)

所属学会

日本社会福祉学会 日本介護福祉学会 日本ソーシャルワーク学会 同志社社会福祉学会 日本老年行動科学会 日本社会福祉士会 日本介護福祉士会

研究室

105号室

連絡先

0956-39-2020(代)

E-mail

s-tanehashi

URL

-

プロフィール

1993年 愛知県立大学文学部社会福祉学科卒業
1993年~2004年 社会福祉法人 聖徳会 勤務
2004年 大阪教育大学大学院教育学研究科健康科学専攻発達人間学講座修士課程修了
2005年~2008年 京都光華女子大学人間関係学部社会福祉学科実習助手
2009年~2014年 社会福祉法人 聖徳会 地域支援事業部副部長
2015年 同志社大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士後期課程修了
     博士(社会福祉学)
2015年~2018年 椙山女学園大学人間関係学部人間関係学科助教
2018年~長崎国際大学人間社会学部社会福祉学科専任講師

研究紹介

介護福祉施設における理念浸透

概ね15年半に渡る自身の高齢者総合福祉施設における介護職、相談職、管理職の経験から、援助の価値にあたる「ケア」の概念や介護労働者の労働環境及び、組織要因の負荷に関する研究に取り組んできました。
昨年度からは、介護職員の離職を防ぐことを目的に、「介護福祉施設における経営理念の浸透」の実態と課題を明らかにする研究を行っています。

研究活動

著書


  • 種橋征子『介護現場における「ケア」とは何か-介護職員と利用者の相互作用による「成長」』ミネルヴァ書房,2017

  • 種橋征子「介護過程の展開」(編)杉村和子・北川妙子『介護技術の自己点検-介護の専門性を求めて』創元社,pp.98-103,2011

  • 「痴呆症(認知症)高齢者介護現場の現状と課題-職員が認識するケアと仕事上の負担との関連から-」(監修)岩田正美(編)副田あけみ『リーディングス 日本の社会福祉 高齢者と福祉 ケアのあり方』pp.247-72 日本図書センター,2010

  • 石井祐理子・五味幸子・種橋征子「地域密着・循環型学習としての社会福祉現場実習-京都光華女子大学における実践と課題」小國英夫・小笠原慶彰ほか(編)『福祉社会の再構築 人と組織と地域を結んで』pp.243-258,ミネルヴァ書房,2008

  • 種橋征子「介護職員の仕組みと職務内容」(編)「介護職員基礎研修テキスト」編集委員会『介護職員研修テキスト10巻 介護職員の倫理と職務』 全国社会福祉協議会,pp.58-77,2007

学術論文


  • 種橋征子「介護職員間で実施する『ケア』の概念を内在化するための研修方法に関する研究-2つの介護老人福祉施設における研修プログラム再試行結果から-」『人間関係学研究』16,P.39-51 2018

  • 種橋征子「介護老人福祉施設の介護職員に対する『ケア』の概念の教育、研修方法に関する研究-『ケア』の関係性の実態と介護職員が『ケア』の概念を理解する意義」『関西社会福祉研究』1,P.57-69 2015

  • 種橋征子「意思疎通困難な寝たきりの高齢者に対する援助の視点‐介護職員との『ケア』の関係性に着目して‐(研究ノート)」『高齢者のケアと行動科学』17,P.52‐63. 2012

  • 種橋征子「看護学における『ケア』概念研究の課題‐介護現場における『ケア』概念研究に向けて」『同志社大学大学院社会福祉学論集』25,P.1-12,2011

  • 種橋征子「職員の配置不足が介護の量的・質的側面と介護職員に及ぼす影響に関する研究-個別対応に時間を要した利用者を介護したフロアの事例から-」『同志社社会福祉学』22,P.47-61 2008

  • 種橋征子「個別ケアを阻害する要因に関する研究 ~特別養護老人ホームにおける認知症高齢者担当介護職員の個別ケア実践と仕事上の負荷の現状」『介護福祉学』14(1) P.46-65 2007

学会発表等


  • 種橋征子「介護職員間で実施する『ケア』の概念についての研修方法に関する研究-ユニットリーダーのユニットメンバーに援助の価値を伝える工夫と困難さ‐(ポスター発表)」日本社会福祉学会第65回秋季大会(首都大学東京)2017

  • 種橋征子「介護職員間で実施する『ケア』の概念についての研修方法に関する研究-2つの介護老人福祉施設における研修プログラム再試行結果から-(ポスター発表)」第25回日本介護福祉学会大会(岩手県立大学)2017

  • 種橋征子「介護職員に対する『ケア』の概念の教育、研修方法の課題-A介護老人福祉施設介護職員に実施した研修プログラムを通して-」日本社会福祉学会 第62回秋季大会(早稲田大学),2014

  • 種橋征子「介護職員が『ケア』の概念を理解する意義と『ケア』の概念の教育、研修方法に関する研究 A介護老人福祉施設介護職員に実施した研修プログラムを通して」日本ソーシャルワーク学会第31回大会(日本福祉大学),2014

  • 種橋征子「特別養護老人ホームの介護職員と利用者の間で展開される『ケア』に関する研究 -利用者が介護職員を「ケアすること」に着目して」日本社会福祉学会 第57回全国大会(法政大学)2009

  • 種橋征子「特別養護老人ホームの介護職員と利用者の間で展開される『ケア』に関する研究-介護職員の語りから得られた『ケア』の実態-」第17回日本介護福祉学会大会(文京学院大学),2009

  • 種橋征子「ケアする人とケアされる人の間で展開されるケアについての研究 その1 先行研究の検討と今後の課題」第15回日本介護福祉学会大会(浦和大学・浦和大学短期大学部),2007

  • 種橋征子「ケア現場における介護職員と利用者との相互関係に関する研究‐個別対応に時間を要した利用者をケアした特養の介護職員に対するインタビュー調査から-」同志社大学社会福祉学会第21回年次大会(同志社大学),2006

科研費・競争的資金


  • 科学研究費助成事業(日本学術振興会)基盤研究C「介護福祉施設における理念浸透の研究」(研究代表者) 2017年4月~2031年3月

  • 2018年7月 日本ソーシャルワーク学会 学術奨励賞

社会活動

社会活動


  • 愛知県社会福祉協議会高齢者部会 中堅職員研修会「ぶれないリーダーを目指して~『ケア』の概念を手掛かりに~」講師 2017年8月

  • 愛知県社会福祉協議会高齢者部会 中堅職員研修 講師 「対応の難しい利用者の捉え方と職員間の支え合い ~『ケア』の概念を手掛かりに~」2017年2月

  • 愛知県社会福祉協議会高齢者部会 中堅職員研修 講師 「『ケア』の概念の理解と職員間における学びあい~ぬくもりのある支援、働きやすい職場を目指して」2015年11月

  • 認知症介護指導者として認知症介護実践研修の講師活動 2012年12月~2015年3月 於:大阪府,2017年4月~2018年3月 於:愛知県

各種委員・役員等


  • 社会福祉法人健光園 監事(2015年6月~2018年5月)

  • 日本社会福祉学会 機関誌等査読委員(2018年1月~2020年12月)

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
PAGE TOP
...loading