menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

榎本 彩乃(えのもと あやの)助教

榎本 彩乃

所属

薬学部 薬学科

専門分野

物理化学, 電気・電子工学, 生体医工学

研究テーマ

磁気共鳴法による生体情報計測を目的とした機器開発及び計測手法の新規構築

研究内容
MRIをはじめとした磁気共鳴法では、非侵襲的に生体内の様々な情報を取得することが可能です。特に本研究で利用するオーバーハウザー効果MRI(OMRI)を用いた測定では、生体内の酸素分圧分布やpH分布などを非侵襲的にかつ定量的に取得可能です。これらの情報をより精度よく計測するためには、生体の部位の特徴や疾患に応じた測定機器や手法が必要です。研究では、電子回路設計をはじめとしたハードウェア面から、OMRI装置の高感度化及び生体計測への最適化を行っています。

担当科目

物理化学演習, 物理化学実習, コンピュータ基礎演習IA, IB (社会福祉学科)

所属学会

電子スピンサイエンス学会、International Society for Magnetic resonance in Medicine (国際磁気共鳴医学会) 、日本薬学会

研究室

薬品物理化学研究室

連絡先

0956-20-5743 (内線3751 )

E-mail

aenomoto

URL

プロフィール

2010年 3月 北海道大学 工学部情報エレクトロニクス学科卒
2012年 3月 北海道大学 大学院情報科学研究科 生命人間情報科学専攻 (博士前期課程)修了 修士(情報科学)
2014年 12月 北海道大学 大学院情報科学研究科 生命人間情報科学専攻 (博士後期課程)修了 
博士(工学)
(2012年4月-2014年12月 日本学術振興会特別研究員(DC1))
2015年1月-2015年3月  日本学術振興会特別研究員(PD) [学位取得に伴うDC1からの資格変更]
2015年4月-2018年3月  アメリカ国立衛生研究所/国立がん研究所(National Cancer Institute/National Institutes of Health, USA),博士研究員 (Visiting fellow)
2018年4月-現在  長崎国際大学 薬学部 助教 (現在に至る)

研究実績

科研費・競争的資金

科学研究費補助金 研究活動スタート支援(平成30年度 ~ 平成31年度)

原著論文等


  1. A. Enomoto, C. Qian, N. Devasahayam, S. Kishimoto, N. Oshima, B. Blackman, R. E. Swenson, J. B. Mitchell, A. P. Koretsky, M. C. Krishna, Wireless implantable coil with parametric amplification for in vivo electron paramagnetic resonance oximetric applications, Magnetic Resonance in Medicine, Magnetic Resonance in Medicine, 80(2018) 2288–2298.

  2. S. .Kishimoto, K-I. Matsumoto, K. Saito, A. Enomoto, S. Matsumoto, J. B. Mitchell, N. Devasahayam, and M. C. Krishna, Pulsed Electron Paramagnetic Resonance Imaging: Applications in the Studies of Tumor Physiology, Antioxid Redox Signal, 28(2018) 1378-1393

  3. A. Enomoto, K. Saito, S. Subramanian, M. C. Krishna, H. Hirata, and N. Devasahayam, Passive decoupling due to low Q-factors of four-channel coils in 300-MHz pulsed EPR imaging, Applied Magnetic Resonance, 46 (2015) 671–683.

  4. A. Enomoto, H. Hirata, Parallel image-acquisition in continuous-wave electron paramagnetic resonance imaging with a surface coil array: Proof-of-concept experiments, Journal of Magnetic Resonance, 239 (2014) 29–33.

  5. A. Enomoto, H. Hirata, S. Matsumoto, K. Saito, S. Subramanian, M. C. Krishna, N. Devasahayam, Four-channel surface coil array for 300-MHz pulsed EPR imaging: Proof-of-concept experiments, Magnetic Resonance in Medicine, 71 (2014)853–858.

  6. A. Enomoto, M. Emoto, H. Fujii, H. Hirata, Four-channel surface coil array for sequential CW-EPR image acquisition, Journal of Magnetic Resonance,234 (2013) 21-29.

  7. A. Enomoto, H. Hirata, Sequential CW-EPR image acquisition with 760-MHz surface coil array, Journal of Magnetic Resonance, 209 (2011) 244–249.

学会発表等

国際会議プロシーディングス/アブストラクト



  1. A. Enomoto, K-I. Matsumoto, S. Kishimoto, S. Matsumoto, M. C. Krishna, N. Devasahayam, Time-domain EPR imaging with slice selection, Proceedings of Joint Annual Meeting of ISMRM-ESMEMB 2018, Paris, France, p.1336 (2018)

  2. A. Enomoto, G.V. R. Chandramouli, A. P. Koretsky, C. Qian, M. K. Cherukuri, N. Devasahayam, Enhancement of signal intensity using a wireless coil for FT-EPR oximetry study, implanted in an animal body, Proceedings of the 25th Meeting of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine, Honolulu, Hawaii, USA, p. 2697 (2017).

  3. A. Enomoto, G.V. R. Chandramouli, A. P. Koretsky, C. Qian, M. K. Cherukuri, N. Devasahayam, Enhancement of signal intensity using a wireless coil for FT-EPR oximetry study, Proceedings of the 24th Meeting of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine, Singapore, p. 2380 (2016).

  4. A. Enomoto and H. Hirata, Sensitivity improvement under parallel detection in CW-EPR imaging, Proceedings of the International Society for Magnetic Resonance in Medicine, Vol. 23, p. 2428, Toronto, Canada (2015).

  5. A. Enomoto and H. Hirata, Feasibility Study of parallel image-acquisition in CW-EPR Imaging, Proceedings of Joint Annual Meeting of ISMRM-ESMEMB 2014, p. 2917, Milan, Italy (2014).

  6. A. Enomoto, H. Hirata, S. Matsumoto, K. Saito, S. Subramanian, M. C. Krishna, N. Devasahayam, Development of four-channel surface coil array for 300 MHz pulsed EPR imaging, EPR2013, Hanover, Th03 (2013).

  7. A. Enomoto and H. Hirata, Four-channel surface coil array for 750-MHz CW-EPR Imaging, The 2nd International Symposium on Electron Spin Science, Matsushima, P27 (2012).

  8. A. Enomoto, S. Subramanian, H. Hirata, M. C. Krishna, N. Devasahayam, Development of the surface coil array for pulsed EPR imaging, The 20th JSPS Core-to-Core Seminar: International Redox Core Symposium, Fukuoka, Japan (2012).

  9. A. Enomoto and H. Hirata, Feasibility Study of Surface Coil Array for CW-EPR Imaging, EPR 2010, Puerto Rico, P-12 (2010).



国内学会



  1. 榎本 彩乃, 市川和洋, 広範囲OMRI酸素分圧イメージングのためのEPR励起用コイルのアレイ化に関する研究, 第57回電子スピンサイエンス学会年会, 北海道大学, P-36 (2018).

  2. 榎本 彩乃, 平田 拓, CW-EPRイメージングのためのパラレルイメージング法の開発, 大52回電子スピンサイエンス学会年会, 大宮ソニックシティ, 1J-07 (2013).

  3. 榎本彩乃, 江本 美穂, 藤井 博匡, 平田 拓, CW-EPR イメージングのための 4 チャネル・サーフェイスコイル・アレイ の開発,第51回電子スピンサイエンス学会年会, 札幌コンベンションセンター, 3B-14 (2012).

  4. 榎本彩乃, 平田拓, CW-EPRイメージングのためのサーフェイスコイル・アレイの開発, 第50回電子スピンサイエンス学会年会, 仙台国際センター, 2A-15 (2011).

  5. 榎本彩乃, 平田拓, CW-EPR イメージングのためのサーフェイスコイル・アレーの開発, 第49回電子スピンサイエンス学会年会, 名古屋大学, P-49 (2010).

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading