menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

松下 博昭(まつした ひろあき)助教

松下 博昭

所属

薬学部 薬学科

専門分野

アミロイドーシス学、神経科学、生理学

研究テーマ

アミロイドーシスの病態解析と治療研究

担当科目

コンピュータ基礎演習IA・IB(薬学、福祉)、基礎の化学、機能形態学実習、臨床生理学実習、薬剤学実習

所属学会

日本アミロイドーシス学会、日本神経科学学会、日本生理学会

研究室

アミロイドーシス病態解析学

連絡先

0956-36-9040(研究室)

E-mail

hiroakim

URL

プロフィール

2012年 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 修了
2012年 中部大学生命健康科学部 研究員
2014年 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 助教
2019年 長崎国際大学薬学部 助教

研究紹介

アミロイドーシスの病態解析と治療研究

健康長寿を目指した加齢性疾患の病態解析と治療研究

研究活動

科研費・競争的資金


  • 2019-2022年 基盤研究(B)(分担)

  • 2015-2017年 若手研究(B)(代表)

  • 2015-2017年 挑戦的萌芽研究(分担)

  • 2015-2017年 基盤研究(C)(分担)

  • 2015年 山陽放送学術文化財団 第52回学術研究助成(代表)

研究実績

著書


  • 安東由喜雄, 松下博昭, 植田光晴.野生型トランスサイレチンアミロイドーシスと神経障害 野生型トランスサイレチンアミロイドーシスと脊髄関節病変,神経根障害.月刊 脳神経内科 93, 463-468, 2020.

  • 監修者 安東由喜雄,編集者 植田光晴・山下太郎,共著者 松下博昭.21世紀の疾患:神経関連アミロイドーシス.医学と看護社 2020.

  • 安東由喜雄, 松下博昭, 植田光晴.神経系のアミロイドーシス:ここまで進歩した治療と病態研究.日本内科学会雑誌 108, 1873-1882, 2019.

  • 松下博昭, 松井秀樹, 松井秀樹, 西木禎一. オキシトシンによる社会的絆形成.月刊細胞 51, 2019.

  • 松下博昭.雄雌間の絆の形成とその形成機構の解明.山陽放送学術文化財団リポート, 2016.

  • 松井秀樹, 松崎光博, 松下博昭.オキシトシン・バゾプレシンの受容体の分布と機能.Clinical Neuroscience 30, 200-201, 2012.

論文


  • Hiroaki Matsushita, Aito Isoguchi, Masamitsu Okada, Teruaki Masuda, Yohei Misumi, Yuko Ichiki, Mitsuharu Ueda, Yukio Ando, Amyloid fibril formation is suppressed in microgravity. Biochemistry and biophysics reports 25, 100875, 2021.

  • Masamitsu Okada, Yohei Misumi, Teruaki Masuda, Seiji Takashio, Masayoshi Tasaki, Hiroaki Matsushita, Akihiko Ueda, Yasuteru Inoue, Toshiya Nomura, Makoto Nakajima, Taro Yamashita, Satoru Shinriki, Hirotaka Matsui, Kenichi Tsujita, Yukio Ando, Mitsuharu Ueda. Plasma growth differentiation factor 15: a novel tool to detect early changes of hereditary transthyretin amyloidosis. ESC heart failure 2020.

  • Masayoshi Tasaki, Masamitsu Okada, Akihiro Yanagisawa, Toshiya Nomura, Hiroaki Matsushita, Akihiko Ueda, Yasuteru Inoue, Teruaki Masuda, Yohei Misumi, Taro Yamashita, Takayuki Nakamura, Takeshi Miyamoto, Konen Obayashi, Yukio Ando, Mitsuharu Ueda, Apolipoprotein AI amyloid deposits in the ligamentum flavum in patients with lumbar spinal canal stenosis. Amyloid 1-6, 2020.

  • Hiroyuki Michiue, Mizuki Kitamatsu, Asami Fukunaga, Nobushige Tsuboi, Atsushi Fujimura, Hiroaki Matsushita, Kazuyo Igawa, Tomonari Kasai, Natsuko Kondo, Hideki Matsui, Shuichi Furuya, Self-assembling A6K peptide nanotubes as a mercaptoundecahydrododecaborate (BSH) delivery system for boron neutron capture therapy (BNCT). Journal of controlled release 330, 788-796, 2020.

  • Hiroaki Matsushita, Hein Min Latt, Yuuri Koga, Teiichi Nishiki, Hideki Matsui, Oxytocin and Stress: Neural Mechanisms, Stress-Related Disorders, and Therapeutic Approaches. Neuroscience 417, 1-10, 2019.

  • Hein Min Latt, Hiroaki Matsushita, Miku Morino, Yuuri Koga, Hiroyuki Michiue, Teiichi Nishiki, Kazuhito Tomizawa, Hideki Matsui, Oxytocin Inhibits Corticosterone-induced Apoptosis in Primary Hippocampal Neurons, Neuroscience 379, 383-389, 2018.

  • Mitsuhiro Matsuzaki, Hiroaki Matsushita, Kazuhito Tomizawa, Hideki Matsui, Oxytocin: a therapeutic target for mental disorders. The Journal of Physiological Sciences 62, 441-444, 2012.

  • Matsushita H, Matsuzaki M, Han XJ, Nishiki T, Ohmori I, Michiue H, Matsui H, Tomizawa K, Antidepressant-like effect of sildenafil through oxytocin-dependent cyclic AMP response element-binding protein phosphorylation. Neuroscience 200, 13-18, 2012.

  • Okimoto N, Bosch OJ, Slattery DA, Pflaum K, Matsushita H, Wei FY, Ohmori M, Nishiki T, Ohmori I, Hiramatsu Y, Matsui H, Neumann ID, Tomizawa K, RGS2 mediates the anxiolytic effect of oxytocin. Brain Research 1453, 26-33, 2012.

  • Hiroaki Matsushita, Kazuhito Tomizawa, Naoki Okimoto, Tei-Ichi Nishiki, Iori Ohmori, Hideki Matsui, Oxytocin mediates the antidepressant effects of mating behavior in male mice. Neuroscience Research 68, 151-153, 2010.

学会発表・シンポジウム・講演


  • 松下博昭,磯口藍斗,一木裕子,植田光晴,増田曜章,三隅洋平,山下太郎,安東由喜雄.アミロイドは微重力下で形成されやすいか? 第7回日本アミロイドーシス学会学術集会,東京,2019.

  • Latt HM., Matsushita H., Koga Y., Michiue H., Nishiki T., Matsui H., Sildenafil exerts antianxiety-like effect in male mice via oxytocin. 26th Annual Meeting of the International Behavioral Neuroscience Society, Hiroshima, 2017.

  • 佐藤亜紀,ヘインミンラット,松下博昭,道上宏之,西木禎一,松井秀樹.オキシトシンは海馬神経細胞におけるコルチコステロン誘導性の樹状突起の萎縮を抑制する.第94回日本生理学会大会,浜松,2017.

  • Latt HM., Morino M., Koga Y., Matsushita H., Michiue H., Nishiki T., Matsui H., Neuroprotective effect of oxytocin on corticosterone-induced apoptosis in mouse hippocampal neurons. 第68回日本生理学会中国四国地方会, 岡山,2016.

  • Latt HM., Matsushita M., Omatsu T., Matsuzaki M., Michiue H., Nishiki T., Matsui H., Antianxiety-like effect of sildenafil via oxytocin signaling pathway. 第39回日本神経科学大会, 横浜,2016.

  • ラットヘインミン,森野未来,佐藤亜紀,松下博昭,道上宏之,西木禎一,松井秀樹.オキシトシンはコルチコステロン誘導性アポトーシスから神経細胞を保護する.第93回日本生理学会大会,札幌,2016.

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
PAGE TOP
...loading