menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

佐野 香織(さの かおり)准教授

佐野 香織

所属

人間社会学部 国際観光学科

専門分野

多文化共生 日本語教育学 応用言語学 成人教育・学習

研究テーマ

担当科目

日本文化論、日本理解A、日本語コミュニケーションAB、アカデミックジャパニーズⅠB、専門演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、卒業研究、教養セミナーA

所属学会

日本語教育学会、言語文化教育研究学会、異文化間教育学会、日本質的心理学会、日本比較文化学会、教育工学会

研究室

連絡先

E-mail

sano.kaori

URL

プロフィール

お茶の水女子大学大学院人間文化研究科言語文化専攻 修了 修士(人間科学)
お茶の水女子大学大学院人間文化研究科比較社会文化学専攻 修了 博士(人文科学)


2008年 バッサー大学中国語・日本語学科 講師
2009年 ワルシャワ大学東洋学部日本学科 講師
2013年 早稲田大学日本語教育研究センター 常勤インストラクター
2016年 早稲田大学日本語教育研究センター 講師
2020年 長崎国際大学人間社会学部国際観光学科 准教授

研究紹介

研究紹介

 「多様な人が多様な関心を持って生きる社会と学びをつくる」観点をもとに、ことばの学びに軸を持って多様な領域を横断しながら実践と研究を続けています。最近では、場や空間、環境と人の関係が生成していくことばと社会、文化の学びに興味を持ち、「まちのことばをつくる」プロジェクトやラウンド・テーブル等を、留学生を含む学生、市民と協働で行ってきました。
 今もよく見渡せば、身近な暮らしの中にも多様な人々がいる現実があると思います。このような現実に対応するマニュアルや決まった「ことば」はありません。学びをつくりながら学び続けていきたいと思っています。

研究活動

学会・研究会の役員

言語文化教育研究学会 理事
言語文化教育研究学会 研究集会 委員長

科研費・競争的資金

科学研究費補助金 


  • 若手研究「日本学研究を担う海外大学若手人材育成:往還する省察的学びのモデル提案と実践研究」2019年~2021年(代表)

  • 基礎研究B「南米日系社会における複言語話者の日本語使用特性の研究」2016年~2020年(分担)

共同(受託)研究

W-BRIDGE(Waseda-Bridgestone Initiative of Development for Global Environment)早稲田大学-ブリジストン研究活動委託「SDGsをめざす『Action』による新たな社会価値創出」2019年~2020年(代表)

社会活動

社会貢献・地域連携


  • ラウンドテーブル in 上海「実践のプロセスを協働でふり返る―語る・聴くから省察へ―」運営・ファシリテーター(中国、上海)

  • 日本語学習支援ボランティア研修会(せいかグローバルネット・京都府国際センター・精華町)

  • 神奈川県座間市おしゃべり型日本語交流活動ワークショップ(座間市)

  • 千葉県茂原市日本語学習支援者養成講座(千葉県茂原市国際交流協会)

  • 長野県小諸市日本語ボランティア学習会(長野県小諸市教育委員会)

  • 横浜市緑区外国人支援ボランティア養成講座 講師 (横浜市緑区)

  • 横浜市都筑区日本語ボランティアブラッシュアップ研修 講師 (横浜市都筑区)

  • 東京都荒川区ボランティア養成講座 講師 (荒川区国際交流協会)

  • 八王子市国際協会 日本語ステップアップ講座 講師 (八王子市国際協会)

各種委員


  • 言語文化学研究会
    ジャーナル「言語文化と日本語教育」編集委員(2006.6~2007.12)

  • 言語文化教育研究学会 (2015.4~現在)
     学会誌査読担当
     研究集会副委員長
     年次大会員

  • 学びを培う教師コミュニティ研究会 運営委員

  • 平成19年度文化庁日本語教育研究委嘱「外国人に対する実践的な日本語教育研究開発」調査研究日本語教育教材開発部会 教育文法班 委員

教育活動

非常勤講師

お茶の水女子大学、東京大学、早稲田大学

講演会

茨城大学「留学生との“交流”や“おしゃべり”を通した日本語学習支援〜「おしゃべり型活動」のヒケツ〜」(茨城大学AIMSプログラム)

研究実績

著書(共著)


  • 『<やさしい日本語>と多文化共生』庵 功雄・岩田 一成・佐藤 琢三・栁田 直美 (編)(第20章「「日本語支援」から「共に社会のことばを考え創る」活動へ―『にほんごこれだけ!』を使った実践から考える」)pp.337-355.  2019年 ココ出版(分担執筆)

  • 『日本語教育・日本研究の多様性を目指した双方向的アプローチ』(第5章「余暇活動と消費としての日本語学習-香港・ポーランド・フランス・カナダにおける事例をもとに」)、pp.69-85担当 2014年 ココ出版(分担執筆)

  • ”Interface between Japanese language Education and Japanese Studies” in Martin Tirala and Mamoru Morita (eds)., Distant symbols and close signs–Japanese Studies in Central Europe2013, pp.171-180担当 2014 Nova VLNA (分担執筆)

  • 『日本語多義語学習辞典動詞編』 2012年 アルク (分担執筆)

  • 『にほんごこれだけ 2』 (トピック3) 2011 年 ココ出版 (分担執筆)

  • 『にほんごこれだけ 1』 (トピック14) 2010 年 ココ出版 (分担執筆)

原著論文


  • (単著)「『日本学』研究者の学びをたどる―経験からことばの学びを創るということ―」比較文化研究,No.132 2019 日本比較文化学会

  • (単著)「生涯にわたる学びのプロセスとしての日本語教育・学習の展望―ヨーロッパの高等教育機関における実践報告を基に」ヨーロッパ日本語教育 21, pp.319-324. 2017 ヨーロッパ日本語教師会

  • (単著)「越境の学びの展開 ―関心・専門分野を異なる領域の人々と学び合う―」比較文化研究, No.122  pp.53-62.  2016.7 日本比較文化学会

  • (共著)「学習支援者が経験したETPラーニングコモンズ」佐野香織(筆頭)、太田亜樹子、高千叶、東雅江 早稲田大学日本語教育実践研究, 第4号, pp.45-54. 2016.3 早稲田大学

  • (共著)「オンラインでのつながりがもたらす教師たちの変容―『つながろうねっト』の4年間の活動をふりかえって」瀬尾匡輝・ 有森丈太郎・鬼頭夕佳・佐野香織・瀬尾悠希子・橋本拓郎・米本和弘 茨城大学留学生センター紀要, 14, pp.77-92. 2016.2 茨城大学

  • (単著)「ことばの活動と学び再考:「越境」の概念から考える」『比較日本学教育研究センター研究年報』第12号、pp.148-153. 2016.3  お茶の水女子大学

  • (単著)「やりたいことから育む人々の学び ブログをリソースとした活動」イマ×ココ創刊号, pp.52-60.  2013.10 ココ出版

  • (単著)「書き手が読み手に主体的に関わる-作文支援システムTeachOtherSを使った実践デザイン」『第24回日本語教育連絡会議論文集』pp.83-93.  2011.3 日本語教育連絡会議

  • (単著)「地域における活動実践再分析 -参加を分析単位としてー」 リテラシーズ 8,  pp.11-19. 2011.1 くろしお出版

学会発表


  • 佐野香織・佐藤靖子・安井浩和「市民としての留学生・地域住民が共につくり学ぶ食品ロス削減プロジェクト」2019.3.18/19 第25回大学教育研究フォーラム(京都大学)

  • 「大学留学生対象日本語科目における「ことばをつくる」学びを考える―ジェネレーターとしての視点から」2019.3.7/8  言語文化教育研究学会第6回年次大会(同志社大学)

  • “Japanese-style ‘Well-being’: Clues for Better Coexistence with Diverse Peoples”, 2019.10.23-25 The 13th Annual Days of Japan at the University of Warsaw, An International Conferenceto Commemorate 100 Years of Japanese Studies at the University of Warsaw.

  • (招待)「ブラジルの「日本語教師」が学びを創りつなげる継承者(ジェネレーター)になる学び-月イチとラウンドテーブルを通してー」 2019.9.6 第二回南米日本語教育シンポジウム  ジャパンハウス サンパウロ(ブラジル)

  • 木下直子・佐野香織・大熊伊宗・毛利貴美(2019)「MOOCs日本語初級オンライン講座『Steps in Japanese for Beginners』の開発」2019.8.10/11, CASTEL/J 2019,釜山外国語大学、韓国

  • 佐野香織・木下直子・毛利貴美・大熊伊宗(2019)「MOOCsにおける日本語初級オンライン講座で学習者は日本語をどのように学ぶのか-継続性の観点から」2019.8.10/11, CASTEL/J 2019,釜山外国語大学、韓国

  • 「『いいレポートの内容とはなにか』という問いを通した参加型評価の取り組み―学習としての評価を考える」2019.5.26 2019年度日本語教育学会春季大会 つくば国際会議場

  • 兵藤智佳・佐野香織・菅新汰・和栗百恵・河井亨「体験の言語化」多分野への展開とその可能性」2019.03.23第25回大学教育研究フォーラム 京都大学

  • 佐野香織・兵藤千佳・小泉香織「私たちは自分の経験を言語化して何を学ぶのか ―「体験の言語化」の体験から問い直す」2019.3.9 言語文化教育研究学会第5回年次大会 早稲田大学

  • 「日本語ボランティア 研修 から<鏡のホール>へ 、<学びのエコシステム >へ —「日本語ボランティア」「研修」再考」」2018.6.30/ 7.1. 批判的言語教育国際シンポジウム 未来を創ることばの教育をめざして

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
  • NIU Family
PAGE TOP
...loading