menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

木下 一雄(きのした かずお)講師

木下 一雄

所属

人間社会学部 社会福祉学科

専門分野

精神保健福祉学・精神科リハビリテーション・精神科ソーシャルワーク・精神保健福祉相談援助技術

研究テーマ

精神障害者の就労支援(農福連携、過疎地域)・精神障害者における実践的な相談援助技術の方法論・精神障害者家族支援、メンタルヘルス(依存症・共依存)における支援

担当科目

〔学部〕
精神保健A・精神保健B・教養セミナーA・教養セミナーB・障害者福祉論・精神保健福祉相談援助の基盤(専門)・精神保健福祉の理論と相談援助の展開ⅠA・精神保健福祉の理論と相談援助の展開ⅠB・精神保健福祉の理論と相談援助の展開ⅡA・精神保健福祉の理論と相談援助の展開ⅡB・精神保健福祉援助演習(基礎)・精神保健福祉援助演習(専門)A・精神保健福祉援助演習(専門)B・精神保健福祉援助実習指導Ⅰ・精神保健福祉援助実習指導ⅡA・精神保健福祉援助実習指導ⅡB・精神保健福祉援助実習A・精神保健福祉援助実習B・社会福祉総合演習(福祉専門)、(福祉共通)、(精神保健福祉)

〔大学院修士課程〕
精神保健特講、事例研究(精神保健)

所属学会

日本職業リハビリテーション学会、日本精神保健福祉士協会(学会)、日本病院・地域精神医学学会、日本福祉教育・ボランティア学習学会、日本福祉文化学会

研究室

研究棟2階 213号室

連絡先

TEL:0956-20-5520(研究室)

E-mail

kinoshita

URL

プロフィール

4か所の精神科病院の医療相談室で精神保健福祉士として勤務しておりました。現場での実践と教育での理論をつなぎ合わせて現場で活躍できる実践家として活躍できる精神保健福祉士の養成を目指していこうと思っております。並行して非常勤で公共職業安定所(ハローワーク)にて精神障害者トータルサポーターや裁判所で精神保健参与員、小学校・中学校のスクールカウンセラーもしておりました。


【職歴】
医療法人高仁会戸田病院 医療福祉相談室(PSW)
医療法人社団 白桜会 新しらおか病院 医療相談室主任(PSW)
医療法人社団 梨香会 秋元病院 医療相談室 室長(PSW)
医療法人社団 心の絆 蓮田よつば病院 QOL推進部 地域医療相談室 室長(PSW)


群馬医療福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 助教
名寄市立大学 保健福祉学部 社会福祉学科 講師


【学歴】
(修士)社会福祉学
立教大学 コミュニティ福祉学部 コミュニティ福祉学科 卒業
東北福祉大学大学院 総合福祉学研究科 社会福祉学専攻修士課程 修了
国立大学法人 弘前大学大学院 地域社会研究科 地域社会専攻 地域政策研究講座 博士後期課程 在籍(Ⅾ3)


【取得資格】
精神保健福祉士(登録番号:20376号)、認定精神保健福祉士(認定番号:08-000562)
社会福祉士(登録番号:98201号)、高等学校第1種教員免許(福祉)、認定心理士、産業カウンセラー、介護支援専門員(登録番号:第11110351号)、精神保健参与員、社会福祉士実習指導者資格、精神保健福祉士実習指導者資格、認知症サポーター養成講座講師(キャラバン・メイト)、スクールソーシャルワーク教育課程専門科目群担当教員講習会修了、スクールカウンセラー(公認心理師受験資格有)

研究紹介

農福連携から見えてきた精神障害者の就労支援の可能性

日本全国で過疎化が急激に進行しており、地域での生活基盤が弱体化する中で、精精神障害者に対するサービス自体が不足し、地域の病院や施設が撤退に追い込まれてしまっています。そのような状況において、はたして圧倒的に社会資源が不足している精神障害者の就労支援の新たな可能性として農業を通じて就労機会の拡大につなげ、自らが、何かを求め、自ら活動しようとする力を引き出し、経済的に自立に向かっていく力を身に付けてくれるようなきっかけつくりになると考えています。日々の農作業のプロセスを通じて、自らの居場所や存在を認め、自己効力感につながっていきます。その結果として、自信が付き、地域社会の中で自立につながっていくことになっていきます。

社会活動

社会貢献・地域連携


  • 精神障害者雇用トータルサポーター(千葉南・成田・佐原)

  • 精神保健参与員(埼玉県・群馬県・北海道)

  • スクールカウンセラー(北海道公立学校教育委員会委託 オホーツク管内)
    (佐呂間町内すべての小・中学校 全校担当)

各種委員


  • 社団法人 埼玉県精神保健福祉士協会 監事

  • 埼玉県立精神医療センター 医療観察法病棟 倫理審査外部委員

  • 名寄市地域包括支援センター運営協議会 審議委員

  • 名寄市地域密着型サービス運営委員会 審議委員

教育活動

非常勤講師


  • 学校法人 埼玉福祉学園 埼玉福祉専門学校 社会福祉科 

  • 精神保健福祉コース専攻                                                                      

  • 学校法人 藤仁館学園 専門学校 高崎福祉医療カレッジ 精神保健福祉士科

  • 専門学校 高崎福祉医療カレッジ 精神保健福祉士実習指導者 講習会 講師

  • 専門学校 高崎福祉医療カレッジ 社会福祉士実習指導者 講習会 講師

  • 群馬社会福祉専門学校 社会福祉士 実習指導者講習会 講師

  • 群馬社会福祉専門学校 介護職員 初任者研修 講師

  • 群馬社会福祉専門学校 福祉用具専門相談員 講師

講演会


  • 千葉県松戸市役所生活保護課全職員

  • 主な精神疾患の症状及びケースワーカーの基本的な対応について

  • 東京大学市民成年後見人講座 全国大会 実習指導者 代表挨拶

  • (東京大学安田講堂)これからの市民後見人が地域で果たす役割について

  • 埼玉県北足立郡伊奈町保健センター 看護師・保健師・介護支援専門員 勉強会講師

  • 埼玉県蕨市地域包括支援センター介護支援専門員勉強会 講師

  • 埼玉県上尾市原市北地域包括支援センター 介護支援専門員勉強会 講師

  • 埼玉県新座市北部第2高齢者相談支援センター介護支援専門員勉強会 講師 

  • 群馬医療福祉大学 公開講座 ぐんま県民カレッジ 「50代から始まる初老期 うつ病をどう受け止めるか」(群馬テレビ協賛)看護学部と社会福祉学部の同時衛星中継放送

研究実績

著書


  1. 気づきが少ないスタッフの観察力・洞察力・アセスメント力を向上させる方策-スタッフの気づきをもたらす感性を高めるための指導術-」共著 日総研出版 2016年3月 

  2. シナプスの笑い~精神障がい体験者がつくる心の処方箋「支援者が語る東日本大震災、そして出会って、さようなら- いらだちさん、ありがとう-」共著 ラグーナ出版 2016年6月


  3. 「チームケアを機能させよう!自立した施設生活を支援するケアプラン立案の工夫と知恵「できる」ことを増やすかかわりと自立支援型施設ケアプランの実際 共著 日総研出版 2016年7月

  4. 2017年社会福祉士・精神保健福祉士 直前総まとめに最適!そのまま覚える最頻出正文集 共著 日総研出版 2016年11月2018年3月

  5. 高齢者に見られる精神疾患の理解と介護職員の対応法 共著 日総研出版 2018年3月

  6. 2019年社会福祉士・精神保健福祉士 直前総まとめに最適!そのまま覚える最頻出正文集 共著 日総研出版 2018年11月

  7. 2019年社会福祉士・精神保健福祉士 受験者の解答分析&間違いやすい問題で得点するテクニック集 共著 日総研出版 2019年2月

  8. スピード攻略!公認心理師集中レッスン 共著 成美堂出版 2019年7月

  9. 詳解20年度 公認心理師過去問題集 第2回・第1回追加・第1回 共著 成美堂出版 2020年4月

  10. 社会福祉士養成 基本テキスト 国試対策 クライエント理解と援助技術 共著 執筆担当 第12章人の理解 第6節精神疾患 日総研出版 2020年4月

原著論文


  1. 精神科病院に入院中の認知症患者家族の会話内容から見えてきたこと‐面接時における会話記録をもとにして— 単著    2017年11月 立教大学コミュニティ福祉学会誌

  2. 社会復帰への困難さを抱える精神障害者を取り巻く現状と課題-K市障がい者就業・生活支援センター職員への聞き取り調査から見えてきたこと- 単著 2018年3月 名寄市立大学 社会福祉学科研究紀要集

  3. 利用者大量解雇から見えてきた就労継続支援A型事業所に関する一考察-補助金依存体質の施設経営脱却後の目指すべき姿- 単著 2018年5月 名寄市立大学 コミュニティケア教育研究センター年報

  4. 農福連携から見えてきた精神障害者の就労支援の可能性-北海道十勝芽室町の挑戦-単著 2018年10月 立教大学コミュニティ福祉学会誌

  5. 九神ファームめむろが取り組む新たな障害者雇用の展開-北海道芽室町発の農福連携の新たなる福祉的就労ビジネス- 単著 2019年1月 弘前大学大学院 地域社会研究科紀要集

  6. 就労継続支援A型事業所の新たなるパラダイムシフトへの展開-北海道芽室町役場職員と障害者就労支援施設職員からのインタビュー調査から-単著 2019年5月  名寄市立大学 コミュニティケア教育研究センター年報

  7. 地元商店街をフィールトとした子どものあそび空間の創造-2018年度「商店街あそびの広場」‐実践報告- 共著 2019年5月 名寄市立大学 コミュニティケア教育研究センター年報

  8. 北海道における農福連携の今後の展望に関する考察—スマート農業を通じての障害者における就労機会の拡大- 単著 2019年5月 名寄市立大学 社会福祉学科 研究紀要集

  9. 虐待が急増してきている介護現場における現状と課題-アンケート調査から見えてきた2025年に向けた改善の行方- 単著 2019年10月 立教大学コミュニティ福祉学会誌

  10. スクールソーシャルワーカーにおけるとこれからの未来展望についての課題-学校現場で求められている関わりとは- 単著 2020年2月 弘前大学大学院 地域社会研 究科紀要集

学会発表


  1. 就労支援から始まる精神科リハビリテーションのこれからのあり方-地域特徴を生かし、地域にあった雇用創出を目指す取り組み- 単独 2017年11月4日 日本病院・地域精神医学会総会 第60回長野大会

  2. 地域特性を活かした精神障害者のこれからの支援のあり方‐課題から見えてきた地域包括ケアシステム構築に向けた可能性を探る- 単独 2018年2月18日 日本福祉文化学会全国大会 第28回東京大会

  3. 農業から始める地域資源を活用した過疎地域における精神障害者の就労支援-北海道道北地域での取り組み- 単独 2018年7月1日        日本産業精神保健学会 第25回東京大会

  4. 精神障害者就労としての農福連携の可能性-寒冷地過疎地域におけるこれからの展開- 単独 2018年8月24日 日本職業リハビリテーション学会 第46回北海道大会

  5. 孤立化した認知症患者家族の現状と対策‐精神保健福祉士として目指すべきこととは- 単独 2018年9月14日 日本精神保健福祉士学会学術集会 第17回長崎大会

  6. 精神障害者の福祉的就労からの脱却への取り組み-インタビュー調査から見えてきた地域特性を生かした支援- 単独 2018年12月13日 日本病院・地域精神医学会総会第61回東京大会

  7. これからの障害者就労の展開に関する一考察-福祉的就労からの脱却- 単独 2019年8月24日 日本職業リハビリテーション学会 第47回 大阪大会

  8. 新たな時代における精神障害者就労のあり方について-北海道から見えてきた農業を活用した可能性- 単独 2019年8月31日 日本精神保健福祉士学会学術集会 第18回 名古屋大会

  9. 介護施設における職員の精神的課題における現状と課題-職場環境から見えてきたこれから取り組むべき課題- 単独 2019年10月12日 日本病院・地域精神医学会総会第62回 沖縄大会

  10. 地域にある魅力ある資源を活かした精神障害者支援のあり方 単独 2019年12月1日 日本福祉文化学会 第30回 東海大会

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
  • NIU Family
PAGE TOP
...loading