menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

星野 秀治(ほしの ひではる)講師

星野 秀治

所属

人間社会学部 社会福祉学科

専門分野

法学、障害学、キャリア支援

研究テーマ

法や制度のうちにあるディスアビリティについて

担当科目

法学、日本国憲法、精神保健福祉制度論A・B、社会福祉法制論、福祉行財政と福祉計画論、更生保護論、教養セミナーA・B、相談援助演習ⅡA・ⅡB・ⅢA・ⅢB、専門基礎演習A・B、精神保健福祉援助実習指導Ⅰ・ⅡA・ⅡB、精神保健福祉援助実習A・B、社会福祉総合演習(福祉専門)・(福祉共通)・(精神)

所属学会

日本社会保障法学会、日本障害法学会、日本キャリアデザイン学会、日本カナダ学会、障害学会、日本人間性心理学会

研究室

連絡先

E-mail

hhoshino

URL

プロフィール

(おもな学歴)
1998.03 岡山大学文学部史学科卒業 学士(文学) 
2002.03 九州大学大学院法学府公法・社会法学専攻修士課程修了 修士(法学)
2009.03 九州大学大学院法学府公法・社会法学専攻博士後期課程 単位取得後満期退学
2015.03 熊本学園大学社会福祉学研究科博士後期課程修了 博士(社会福祉学)

(おもな職歴)
2009.04 帝京平成大学現代ライフ学部 助教(社会保障論、法学など)~2011.03
2012.04 九州大学法学研究院 協力研究員 ~2020.03
2015.04 特定非営利活動法人JACFA 理事 ~現在
2019.11  内閣府チャイルド・ユースサポート章を団体(JACFA)として受章
2020.04 長崎国際大学 人間社会学部社会福祉学科 講師 ~現在

JACFAでは、キャリアコンサルタントとして、地域若者サポートステーションにおける就労相談や、ひきこもり状態にある方々の支援をしてきました。

研究紹介

法や制度のうちにあるディスアビリティについて

障害学では、「障害」という概念を、インペアメント(impairment)とディスアビリティ(disability)の2つに分けて理解します。インペアメントとは、身体的な機能の損傷や多くの人とは異なる心身の特徴をさし、一般的に「障害」と呼ばれるものに近いものです。一方、ディスアビリティとは、インペアメントを持つ人をdis-ableしている社会的な不利益のことを指します。私の研究テーマは、障害学の視点から、法や制度に内在しているディスアビリティの構造を明らかにすることです。これまでは、公的老齢年金制度に組み込まれた貢献原理が、障害者を無力化している構造の分析と検討に取り組んできました。

研究活動

科研費・競争的資金

2020-2022年度  科学研究費補助金  基盤研究(C) 「障害者の自立生活を可能にする主体形成とライフヒストリーとの関連性に関する研究」(分担)

社会活動

社会貢献・地域連携

2013.08- 福岡市に障がい者差別禁止条例をつくる会 世話人・アンケート委員

各種委員

2020.06- 佐世保市社会福祉協議会支援調整会議 委員

教育活動

非常勤講師

2012.04-2012.09 熊本学園大学社会福祉学部非常勤講師(外書講読)
2013.04-2018.03 姫路大学教育学部非常勤講師(憲法)
2017.10-2020.03 久留米大学人間健康学部非常勤講師(日本国憲法)
2018.04-      福岡大学法学部非常勤講師(社会福祉概論、地域福祉論)

講演会

2016.02.25福岡市ひきこもり成年地域支援センター・福岡若者サポートステーション主催「ニート・ひきこもりの家族セミナー~年金等の社会保障及び就労支援について」

研究実績

著書


  1. 河野正輝・良永彌太郎・阿部和光・石橋敏郎編『社会保険改革の法理と将来像』法律文化社(2010)

原著論文


  1. 社会保障における負担の免除に関する検討――社会保険料が最低限度の生活を侵害することの是非に関する法的検討(修士論文):九州大学(2002)

  2. 老齢基礎年金の構造と保険原理の在り方についての考察――保険料免除期間の算入の問題を中心に(査読付):『社会関係研究』19巻1号(2013)

  3. 社会保障の給付要件としての貢献・地位・地位の積み上がりについての考察――日本とカナダの基礎年金及びベーシック・インカムの相互性の構造についての分析から(査読付):『社会関係研究』20巻1号(2014)

  4. 老齢基礎年金についての規範的検討――障害学におけるディスアビリティ概念を手がかりにして(研究ノート):『社会関係研究』20巻2号(2015)

  5. 基礎年金の法的構造の分析と規範的検討(博士学位論文):熊本学園大学(2015)

学会発表


  1. 年金法に内在するディスアビリティ:九州法学会 第121回学術大会(2016.6)

  2. 浅海健一郎, 星野秀治「『地域若者サポートステーション』の利用者の実態について」日本キャリアデザイン学会第13回研究大会(2016.9)

  3. カナダと日本における基礎年金の展開 :日本カナダ学会第43回年次研究大会(2018.9)

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
  • NIU Family
PAGE TOP
...loading