menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

中村 尚生(なかむら なおき)助教

中村 尚生

所属

人間社会学部 社会福祉学科

専門分野

臨床心理学

研究テーマ

重度・重複障がい児のコミュニケーション発達支援に関する研究,発達障がい児をもつ保護者への集団心理療法に関する研究

担当科目

心理学,臨床心理学,児童心理学,ホスピタリティ概論,教養セミナー,キャリア開発Ⅰ,障害者スポーツ,社会福祉総合演習(福祉共通・福祉専門)

所属学会

日本心理臨床学会,日本特殊教育学会,日本リハビリテイション心理学会

研究室

研究棟214研究室

連絡先

URL

プロフィール

私は大学院を修了後,公立小中学校や精神科クリニック,発達支援センターなどにおいて臨床心理士として働いてきました。その経験のなかで,発達障がいや重度・重複障がいをもつ子どものコミュニケーションの発達を援助することに関心を持ち,研究をおこなってきました。また,グループアプローチの方法を用いて発達障がい児を育てる保護者への臨床心理学的援助の実践や研究にも取り組んできました。
障がいをもつ子どもについて,個人内要因から環境要因にわたって幅広く理解し,障がい児への包括的な支援体制の構築に取り組んでいきたいと考えています。

研究紹介

重度・重複障がい児の主体的な反応を促進する関わり手の在り方に関する研究

重度・重複がい児は,意志や感情を表現するための手段が限られています。重度・重複障がい児とコミュニケーションをおこなう際には,関わり手が障がい児の意志や感情といった心理的な状態を適切に把握することがとても重要です。私は,ビデオ分析を用いて関わり手と重度・重複障がい児の相互作用の様相を分析したり,生理的指標(心拍や動脈血酸素飽和度)を用いて重度・重複障がい児の応答性について多角的に検討したりしています。そのなかで,重度・重複障がい児と関わり手のより良いコミュニケーションの在り方を探究しています。

発達障がい児をもつ保護者への集団心理療法プログラムの開発に関する研究

支援やサポートには,専門家がおこなうものだけではなく,仲間が相互に支え合う形もあります。私は,発達障がい児をもつ保護者の親の会を実践してきました。親の会では,保護者同士が日常生活や社会資源に関する情報を交換したり,発達段階や発達特性に基づいて子どもへの理解を深めたり,そのなかで受容され,承認されたりすることが大切だと考えています。これらの親の会の意義が果たせるようなプログラムの開発や,支援者のグループファシリテートの在り方について研究しています。

社会活動

社会貢献・地域連携


  • 九州大学大学院人間環境学府附属総合臨床心理センターにおける相談活動(2010年~2012年,2017年~2020年)

  • 同,総合臨床心理センターにおける集団心理療法におけるスーパービジョン(2017年~2020年)

  • 社会福祉法人夜須高原福祉村「やすらぎ荘」主催 動作法による障がい児・者への心理リハビリテイション活動の実践(2010年~)

  • 「NPO法人くるめSTP」主催 行動療法による注意欠如・多動症を有する児童の行動修正・変容を促進する夏期集中型治療プログラム(サマートリートメントプログラム)の実践および指導(2012年~2018年)

各種委員

福津市就学相談委員会 委員(2012年~2013年)

教育活動

非常勤講師


  • 九州龍谷短期大学 非常勤講師 カウンセリング概論(2014年)

  • 久留米信愛短期大学 非常勤講師 障害児保育Ⅰ・Ⅱ(2015年~2016年)

研究実績

原著論文


  • 「広汎性発達障害児の情動伝達を促す支援の在り方」 九州大学 修士論文(2012)

  • 「思春期の発達障がい児の親の会におけるプログラム設定と展開の在り方」 九州大学総合臨床心理研究 第9巻 共著(2018)

  • 「教育活動場面における擬音語・擬態語的音声が重度・重複障がい児の身体運動に与える影響」 九州大学 特選題目研究論文(2019)

研究報告書等


  • 「発達に応じた幼児の支援プログラムの開発Ⅴ はじめてだけどチャレンジしてみようかな――こだわりの活用の仕方」 久留米市幼児教育研究所研究紀要 第55集 単著(2014)

  • 「発達に応じた幼児の支援プログラムの開発Ⅴ 話し合って決めよう――交渉場面の作り方」 久留米市幼児教育研究所研究紀要 第55集 単著(2014)

  • 「夏期集中型治療プログラムに参加した児童およびその保護者に関する追跡調査」 くるめSTP(サマートリートメントプログラム)10周年記念誌 共著(2015)

  • 「発達に応じた幼児の支援プログラムの開発Ⅵ よく聞いて,よく見て,探してね――選択的に注意を向けられることを目指して」 久留米市幼児教育研究所研究紀要 第57集 単著(2015)

  • 「発達に応じた幼児の支援プログラムの開発Ⅵ ゆっくり,落ち着いて――感情を共有するための枠組み作り」 久留米市幼児教育研究所研究紀要 第57集 単著(2015)

  • 「発達に応じた幼児の支援プログラムの開発Ⅶ ことばの世界を広げよう――日常的な社会的場面を用いて」 久留米市幼児教育研究所研究紀要 第59集 単著(2016)

  • 「発達に応じた幼児の支援プログラムの開発Ⅶ 人への意識や関心を育むかかわり――対人接触の過敏さに配慮しながら」 久留米市幼児教育研究所研究紀要」 第59集 単著(2016)

  • 「発達に応じた幼児の支援プログラムの開発Ⅷ 自尊心を育むかかわり――子どもの様子から自尊心の状態を把握する」 久留米市幼児教育研究所研究紀要 第61集 単著(2017)

学会発表


  • 「学童保育における指導員に対する臨床心理学的かかわりが児童の行動に及ぼす影響について(3)」 日本リハビリテイション心理学会第42回大会 共同(2015)

  • 「ASD児とのプレイセラピーにおける情動共有を促す支援」 日本心理臨床学会第36回秋季大会 共同(2017)

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
  • NIU Family
PAGE TOP
...loading