menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

佐々木 裕(ささき ゆたか)教授

佐々木 裕

所属

健康管理学部 健康栄養学科

専門分野

内科学、特に消化器病学、肝臓病学

研究テーマ

細胞環境がもたらす代謝リプログラミングの解明に基づく肝発癌増殖進展の制御、
蛋白質機能からみた消化器疾患・肝疾患の病態解明

担当科目

臨床医学入門、解剖生理学、栄養と薬、学際連携研究、教養セミナー

所属学会

日本内科学会、日本消化器病学会(理事)、日本肝臓学会〈監事)、日本消化器内視鏡学会、日本門脈圧亢進症学会(副理事長)、日本病態栄養学会(評議員)、日本肝癌研究会、肝細胞研究会(代表世話人)、アメリカ肝臓病学会(フェロー)

研究室

5号館2階 H27

連絡先

内線2827 0956-20-5569(直通)

E-mail

sasakiy

URL

プロフィール

昭和54年3月 大阪大学医学部卒業
平成2年11月 大阪大学医学部 第一内科助手
平成3年2月 カリフォルニア州立大学サンジェゴ校医学部薬理学教室客員研究者
平成4年2月 ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院癌センター客員研究者
平成9年10月 大阪大学医学部 第一内科講師
平成11年4月 大阪大学大学院医学系研究科 分子制御治療学助教授
平成15年1月 熊本大学医学部内科学 第一講座教授
平成15年4月 熊本大学大学院医学薬学研究部 消化器内科学教授(大学院部局化に伴い)
平成16年4月 熊本県肝疾患診療連携拠点病院(熊大病院) 肝疾患センター長
平成22年4月 熊本大学大学院生命科学研究部 消化器内科学教授(名称変更に伴い)
平成29年4月 熊本大学医学部附属病院 内科部門長
平成31年4月 市立貝塚病院 病院事業管理者 
令和2年4月 長崎国際大学健康管理学部健康栄養科教授 現在に至る

研究紹介

細胞環境がもたらす代謝リプログラミングの解明に基づく肝発癌増殖進展の制御


  • 原発性肝癌(以下、肝癌)は世界的には悪性新生物の死因の第2位を占めている(GLOBOCAN 2012, WHO)。本邦では肝癌死亡数は減少傾向にあるも依然として年間3万人の方が亡くなる予後不良の癌種の一つであり、発癌予防や治療成績向上は喫緊の課題である。

  • 肝発癌進展には、約30個のドライバー遺伝子をはじめとした遺伝子変異に加え、後天的因子によるepigeneticな遺伝子変化が関与している。なかでも肥満、糖尿病、飲酒を背景とした非B非C型肝癌が増加していることから、後天的因子である異常な細胞環境、栄養環境がepigenome制御因子を介して代謝リプログラミングをもたらし、時空間的に発癌進展に関与する可能性がある。

  • 一方、進行肝癌の治療の選択肢は広がっているが、奏効率は低く再発・再燃のために長期生存は望めない。その一因として、治療によりもたらされる肝癌組織の低酸素・低栄養状態に対応して、肝癌細胞は糖代謝、エネルギー代謝などの代謝リプログラミングを行い、エネルギーと脂質、核酸のなどの高分子化合物を確保して、増殖や免疫からの回避を可能にしていることが想定される。

  • そこで代謝リプログラミングを解明し その制御法を開発することは、肝発癌予防や治療成績の向上に結び付くものと期待される。

研究活動

科研費・競争的資金

A.文部科学省科学研究費


  1. 基盤研究(B)「消化器癌治療への応用を目指した生存シグナル活性化機構の解明」
    課題番号 14370182 (代表)
    平成14年度~16年度

  2. 萌芽研究「新規接着因子Ninjurinの強制発現を用いたSenescenceの分子機構の解析」
    課題番号 14657130 (代表)
    平成14年度~15年度

  3. 基盤研究(B)「疾患プロテオミクスを用いた肝癌におけるアポトーシス抵抗性の分子基盤の解明」
    課題番号 18390219 (代表)
    平成18年度~20年度

  4. 基盤研究(B)「プロテオミクスによるタンパク翻訳後修飾解析を用いた肝癌の治療抵抗性の解明」
    課題番号 21390230 (代表)
    平成21年度~24年度

  5. 基盤研究(B)「微小環境がもたらす肝癌の治療抵抗性の獲得機構 -融合プロテオミクスを用いた解析-」
    課題番号 25293173 (代表)
    平成25年度~28年度

  6. 基盤研究(B) 「細胞環境がもたらす代謝リプログラミングの解明に基づく肝発癌増殖進展機構の解明」
    課題番号 18H02798 (代表)
    平成30年度~32年度

B. 厚生労働省科学研究費補助金肝炎等克服緊急対策研究事業


  1. 「肝炎ウイルスによる発がん機構の解明に関する研究」
    研究代表者 神戸大学大学院 堀田博
    課題番号 H21-肝炎-一般-009
    分担テーマ 「プロテオミクスを用いた肝癌における細胞死抵抗性の検討」
    平成21年度~23年度

C. 日本医療研究開発機構研究費 肝炎等克服緊急対策研究事業 B型肝炎創薬実用化等研究事業


  1. 「ヒト/チンパンジーマウスハイブリッド技術を利用したB型肝炎ウイルス感染モデルマウスの開発に関する研究」課題番号 H24-B創-肝炎-一般-017
    研究代表者 熊本大学生命資源研究・支援センター 山村研一
    分担テーマ 「肝炎発症メカニズムの解析」
    平成24年度~26年度

  2. 「イムノオミクス研究を基盤としたB型肝炎に対する治療法の開発」
    課題番号 17fk0310106h0001, 18fk0310106h0002, 19fk031021h0003
    研究代表者 国立国際医療研究センター肝炎・免疫研究センター 考藤達哉
    分担テーマ 「HBV再活性化におけるcccDNAのエピゲノム変化の解析」
    平成29年度~33年度

D. 受託研究


  1. ギリアドサイエンシーズ株式会社との受託研究
    Promoting hospital-hospital referral system for hepatitis C virus carriers to hepatologist: multi-center study
    平成29年度~令和2年度

  2. ギリアドサイエンシーズ株式会社との受託研究
    HCV排除後肝発癌におけるエピゲノム制御による細胞記憶機構の解明
    平成29年度

E. 共同研究


  1. ブリストルマイヤーズスクイーブ株式会社との共同研究平成29年度~30年度

社会活動

社会貢献・地域連携


平成15年4月
熊本県指定難病審査委員会委員(平成31年3月まで)
熊本県肝炎対策協議会委員長(平成31年3月まで)
日本肝臓学会肝癌撲滅運動市民公開講座開催責任者(平成31年3月まで)
熊本県高齢者保健推進協議会がん検診及び基本健康診査等評価部会委員(肝がん)
(平成19年3月31日まで)

平成16年1月
日本学術振興会科学研究費委員会専門委員(平成17年12月まで)

平成19年4月
熊本県高齢者保健推進協議会生活習慣部会委員(平成31年3月まで)

平成20年8月
日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員(平成22年7月まで)

平成24年4月
医薬品医療機器総合機構(PMDA)専門委員 (現在に至る)

平成26年7月
日本専門医機構専門医制度委員会委員(平成28年6月まで)

令和2年3月
日本医療研究開発機構(AMED)課題評価委員(現在に至る)

各種委員

CHサポートセンターセンター長、同センター運営委員会委員、安全衛生委員会委員、産業医

教育活動

非常勤講師

熊本大学医学部非常勤講師
2019年度医学部3年生講義 消化器病学総論 肝臓病学概論

講演会


  1. 「肝癌の治療成績向上を目指した包括的なマネジメント」
    第64回徳島大学医学部第二内科・消化器内科開講記念会特別講演、徳島市、2019年6月9日

  2. 「肝がん撲滅を目指した慢性肝炎・肝硬変の包括的マネジメント」
    第46回沖縄肝臓研究会、那覇市、2019年3月2日

  3. 「肝がん撲滅を目指した肝疾患の包括的マネジメント」
    熊本県医師会医学講座、熊本市、2019年2月22日

  4. 「肝硬変の包括的なマネジメント」
    山鹿市民医療センター 第41回公開特別講演会、山鹿市、2019年1月11日

研究実績

著書


  1. 最新ガイドライン準拠 消化器疾患 診断・治療指針
    総編集 佐々木 裕、専門編集 木下芳一、渡辺 守、下瀬川 徹
    480頁、中山書店、東京、2018年

  2. Setoyama H, Tanaka M and Sasaki Y.
    In: “Clinical Investigation of Portal Hypertension”, ed. Obara K.
    Diagnosis of spontaneous bacterial peritonitis (SBP).
    pp511-516, Springer JAPAN, Tokyo, 2018

  3. Setoyama H, Tanaka M and Sasaki Y.
    In: “Clinical Investigation of Portal Hypertension”, ed. Obara K.
    Treatment of spontaneous bacterial peritonitis (SBP).
    pp517-524, Springer JAPAN, Tokyo, 2018

  4. プリンシプル消化器疾患の臨床1 食道・胃・十二指腸の診療アップデート
    総編集 佐々木 裕 専門編集 木下芳一  330頁、中山書店、東京、2017年

  5. プリンシプル消化器疾患の臨床2 腸疾患診療に現在
    総編集 佐々木 裕 専門編集 渡辺 守 323頁、中山書店、東京、2017年

  6. プリンシプル消化器疾患の臨床3 ここまで来た肝臓病診療
    総編集・専門編集 佐々木 裕 416頁、中山書店、東京、2017年

  7. プリンシプル消化器疾患の臨床4 膵・胆道疾患の診療の最前線
    総編集 佐々木 裕 専門編集 下瀬川 徹 335頁、中山書店、東京、2018年

  8. 肝臓病診療 Q&A 現場の疑問に答える 河田純男、佐々木 裕 編集
    411頁、中外医学社、東京、2009年

原著論文


  1. Yamasaki A, Shimizu T, Yoshimizu S, Horiuchi Y, Ishiyama A, Yoshio T, Hirasawa T, Tsuchida T, Sasaki Y and Fujisaki
    Endoscopic and clinicopathological features of superficial Barrett's esophageal adenocarcinoma - With special reference to difference derived from Short-segment versus Long-segment Barrett’s esophagus J Gastro Hepatol 35:211-217, 2020

  2. Shono T, Oyama S, Oda Y, Yokomine K, Murakami Y, Miyamamoto H, Tanaka M, Naoe H and Sasaki Y for the Kumamoto Colon Cancer Study Group
    Risk stratification of advanced colorectal neoplasia after baseline colonoscopy: a cohort study of 17 Japanese community practices
    Digestive Endscopy 32:106-113, 2020

  3. Tateishi R, Uchino K, Fujiwara N, Takehara T, Okanoue T, Seike M, Yoshiji H, Yatsuhashi H, Shimizu M, Torimura T, Moriyama M, Sakaida I, Okada H, Chiba T, Chuma M, Nakao K, Isomoto H, Sasaki Y, Kaneko S, Masaki T, Chayama K and Koike K.
    A nationwide survey on non-B, non-C hepatocellular carcinoma in Japan: 2011-2015 update.
    J Gastroenterol 54:367-376, 2019

  4. Miyamoto H, Naoe H, Oda Y, Shono T, Narita R, Oyama S, Hashigo S, Okuda A, Hasuda K, Tanaka M, Sakurai K, Murakami Y and Sasaki Y.
    Impact of retroflexion in the right colon after repeated forward-view examinations
    JGH Open doi:10.1002/jgh3.12084, 2:282-287,2018

  5. Kudo M, Ueshima K, Yokosuka O, Obi S, Izumi N, Aikata H, Nagano H, Hatano E, Sasaki Y, Hino K, Kumada T, Yamamoto K, Imai Y, Iwadou S, Ogawa C, Okusaka T, Kanai F, Akazawa K, Yoshimura K, Arai Y, the SILIUS study group
    Sorafenib plus low-dose cisplatin and fluorouracil hepatic arterial infusion chemotherapy versus sorafenib alone in patients with advanced hepatocellular carcinoma (SILIUS): a randomized, open label, phase 3 trial.
    The Lancet gastroenterology & Hepatology 3; 424-432, 2018

  6. Setoyama H, Tanaka M, Nagumo K, Naoe H, Watanabe T, Yoshimaru Y, Tateyama M, Sasaki M, Watanabe H, Otagiri M, Maruyama T and Sasaki Y.
    Oral branched –chain amino acid granules improve structure and function of human serum albumin in cirrhotic patients.
    J Gastroenterol 52:754-765, 2017

  7. Oniki K, Morita K, Watanabe T, Kajiwara A, Otake K, Nakagawa K, Sasaki Y, OgataY and Saruwatari J
    The longitudinal effect of the aldehyde dehydrogenase 2 *2 allele on the risk for non-alcoholic fatty liver disease Nutrition & Diabetes (2016)6, e210;doi:10.1038/nutd.2016.17

  8. Gushima R, Yao T, Kurisaki-Arakawa A, Hara K, Hayashi T, Fukumura Y, Saito T, Arakawa A, Yao K and   Sasaki Y.
    Expression of adipophilin in gastric epithelial neoplasia is associated with intestinal differentiation and discriminates between adenoma and adenocarcinoma. Virchows Arch. 468:169-177, 2016 DOI: 10.1007/s00428-015-1870-0

  9. Nagaoka K, Hino S, Sakamoto A, Anan K, Takase R, Umehara T, Yokoyama S, Sasaki Y and Nakao M.
    Lysine-specific demethylase 2 suppresses lipid influx and metabolism in hepatic cells
    Molecular Cellular Biology 35:1068-1080, 2015

  10. Fukubayashi K, Tanaka M, Izumi K, Watanabe T, Fujie S, Kawasaki T, Yoshimaru Y, Tateyama M, Setoyama H, Naoe H, Kikuchi K and Sasaki Y.
    Evaluation of sorafenib treatment and hepatic arterial infusion chemotherapy for advanced hepatocellular carcinoma: a comparative study using the propensity score matching method.
    Cancer Med. 8:1214-23, 2015 doi: 10.1002/cam4.476. Epub 2015 Jun 4.

学会発表


  1. Oyama S, Baba H and Sasaki Y.
    Investigation of safety, prognosis, and postoperative nutritional status of gastric ESD for the elderly patients
    第27回JDDW シンポジウム3 「高齢者消化器病の特徴と対策」、神戸11月22日、2019年

  2. Tokunaga T, Tanaka M, Tanaka K, Narahara S, Kawasaki T, Yoshimaru Y, Nagaoka K, Watanabe T, Tateyama M and Sasaki Y. Optimal strategy of switching from transarterial chemoembolization to molecular targeted therapy for patients with unresectable hepatocellular carcinoma. 
    The Annual Meeting of American Association for the Study of Liver Diseases, Boston, November 8th, 2019

  3. Narahara S, Watanabe T, Nagaoka K, Fujimoto N, Tanaka K, Tokunaga T, Kawasak T, Yoshimaru Y, Tateyama M, Naoe H, Tanaka M and Sasaki Y. Upregulation of secretory clusterin in response to Sorafenib links to acquired treatment resistance of hepatocellular carcinoma. The Annual Meeting of American Association for the Study of Liver Diseases, Boston, November 9th, 2019

  4. Naoe H, Watanabe T, Nagaoka K, Fujimoto N, Tanaka M, Araki N, Fujimoto J and Sasaki Y.
    Multi-omics analyses identify nucleophosmin as a key regulator of apoptosis resistance in human hepatocellular carcinoma.The Annual Meeting of American Association for the Study of Liver Diseases, Boston, November 9th, 2019

  5. Watanabe T, Fujimoto N, Nagaoka K, Narahara S, Tanaka K, Tokunaga T, Kawasaki T, Yoshimaru Y, Tateyama M, Naoe H, Tanaka M and Sasaki Y. Altered microRNA expression profiles in serum exosome links to clinical phenotypes induced by direct-acting antiviral therapy.The Annual Meeting of American Association for the Study of Liver Diseases, Boston, November 10th, 2019

  6. 立山雅邦、田中基彦、佐々木 裕
    「C型慢性肝疾患、初発肝癌における高齢者に対する治療後の現状」
    第105回日本消化器病学会総会パネルデイスカッション2 「超高齢社会における消化器疾患診療」 2019年5月11日、金沢

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
  • NIU Family
PAGE TOP
...loading