menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

早川 正信(はやかわ まさのぶ)教授

早川 正信

所属

薬学部 薬学科

専門分野

臨床統計学

研究テーマ

臨床研究におけるデータ解析の手法開発

担当科目

医療統計学, 調剤学, 生物薬剤, 処方解析,総合実習

所属学会

日本計量生物学会, 日本薬学会, 日本医療薬学会,
日本薬剤師会

研究室

臨床薬剤学, 薬学研究棟3階P311

連絡先

0956-39-2020(内線3767)

E-mail

mahayakawa

URL

プロフィール

1995年 第一薬科大学薬学部製薬学科 卒業
2000年 有限会社 シンエイ薬局 代表取締役社長就任
2009年 久留米大学大学院医学研究科 修士課程修了(バイオ統計学群)
2009年 長崎国際大学 非常勤講師(統計学)
2015年 久留米大学大学院医学研究科 博士課程修了(バイオ統計学群)

研究紹介

医薬品選定の研究

臨床研究のデータ解析手法の研究

研究活動

学術論文


  1. The Relationship Between GLUT-1 and Vascular Endothelial Growth Factor Expression and 18F-FDG Uptake in Esophageal Squamous Cell Cancer Patients. Maiko Kobayashi, Hayato Kaida, Akihiko Kawahara, Satoshi Hattori, Seiji Kurata, Masanobu Hayakawa, Yasumitsu Hirose, Masafumi Uchida, Masayoshi Kage, Hiromasa Fujita, Naofumi Hayabuchi and Masatoshi Ishibashi. Clinical Nuclear Medicine, Vol.37, P.447-452,2012

  2. The relationship between 18F-FDG metabolic volumetric parameters and clinicopathological factors of breast cancer.
    Hayato Kaida, Uhi Toh, Masanobu Hayakawa, Satoshi Hattori, Teruhiko Fujii, Seiji Kurata, Akihiko Kawahara, Yasumitsu Hirose, Masayoshi Kage and Masatoshi Ishibashi.
    Nuclear Medicine Communications, Vol.34, P.562-570, 2013

  3. Relationship between 2-deoxy-2-[18F]-fluoro-D-glucose uptake and clinicopathlogical factors in patients with diffuse large B-cell lymphoma. Yasumitsu Hirose, Hiroaki Suefuji, Hayato Kaida, Masanobu Hayakawa, Satoshi Hattori, Seiji Kurata, Yuko Watanabe, Yukiko Kunou, Akihiko Kawahara, Takashi Okamura, Koichi Ohshima, Masayoshi Kage, Masatoshi Ishibashi and Naofumi Hayabuchi. Leukemia and Lymphoma, Vol.55, P.520-525,2014

  4. The difference in relationship between 18F-FDG uptake and clinicopathlogical factors on thyroid, esophageal and lung cancers. Hayato Kaida, Akihiko Kawahara, Masanobu Hayakawa, Satoshi Hattori, Seiji Kurata, Kiminori Fujimoto, Koichi Azuma, Yasumitsu Hirose, Shinzo Takamori, Yuji Hiromatsu, Tadashi Nakashima, Hiromasa Fujita, Masayoshi Kage, Naofumi Hayabuchi and Masatoshi Ishibashi. Nuclear Medicine Communications, Vol.35, P.36-43,2014

  5. Selecting better generic drugs. Masanobu Hayakawa, Takashi Yanagawa, Ying Jiang and Rieko Sakurai. Bulletin of Informatics and Cybernetics, Vol.46, P.53-70, 2014

学会発表


  1. Estimating distance between characteristics of generic drugs and brand name drug. International Biometric Conference(Kobe), 8/26-31, 2012

  2. 生物学的同等性試験データに基づく後発医薬品選定基準. 統計関連連合大会(京都), 9/6-9, 2009.

  3. 生物学的同等性試験データに基づく後発医薬品選定基準. 日本医療薬学会(長崎), 10/24-25, 2009

  4. 先発医薬品と各後発医薬品における距離の推定. 日本薬学会年会(岡山), 3/28-30, 2010

  5. クラスター分析を用いたジェネリック医薬品選定基準. 日本医療薬学会(横浜), 11/21-23, 2015

  6. ジェネリック医薬品からジェネリック医薬品への変更時の提案. 統計関連連合大会(東京), 9/9-13, 2018

社会活動

各種委員


  1. 2001年~2013年 鳥栖三養基薬剤師会理事

  2. 2013年~2018年 佐賀県薬剤師会 薬局委員会 委員

  3. 2013年~2019年 佐賀県みやき町立中原小学校 学校薬剤師

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
  • NIU Family
PAGE TOP
...loading