menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

室 高広(むろ たかひろ)教授

室 高広

所属

薬学部 薬学科

専門分野

臨床薬剤疫学、臨床薬剤情報学、医療薬学、感染制御

研究テーマ

レセプトデータベース、医療情報データベース等を利用した医薬品の適正使用に関する研究

担当科目

薬事関係法規、薬事関係法規演習、治験コーディネート論、医薬品情報論、病院薬学、臨床薬物代謝学、事前学習、学生実習

所属学会

日本医療薬学会、日本環境感染学会、日本化学療法学会、日本医療情報学会、日本薬剤疫学会、日本臨床疫学会、日本医療マネジメント学会

研究室

薬学棟P302号室(医療情報学)

連絡先

E-mail

muroth1

URL

プロフィール

1991年3月 長崎大学薬学部薬学科卒業
1991年4月 (株)麻生セメント飯塚病院(現:(株)麻生飯塚病院)
2009年3月 福岡大学大学院薬学研究科薬学専攻臨床薬剤学専修博士課程(後期) 修了
2011年10月 長崎大学病院薬剤部主任
2015年8月 長崎大学病院薬剤部副薬剤部長
2018年6月 長崎大学病院薬剤部副薬剤部長兼臨床研究センター副センター長
2020年4月 長崎国際大学薬学部教授

研究紹介

臨床薬剤疫学研究と感染制御

モンテカルロシミュレーションによるメロペネムが%T>MIC=40-50%を効果的に達成するための投与方法の推定や、NONMEMを利用した母集団薬物動態解析でメロペネムの血中濃度を予測する計算式の推定を行いました。
現在の主な研究手法は大規模臨床データベースを駆使した臨床薬剤疫学研究であり、「市中肺炎における血液培養検査が抗菌薬使用方法と入院期間に与える影響に関する調査」、「感染性心内膜炎治療における抗MRSA薬テイコプラニンの適正な負荷投与方法の確立」、「ビッグデータを利用した大腸癌術後化学療法開始時のB型肝炎対策の実態調査」、「早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術の術後感染に対する抗菌薬予防投与の有用性に関する研究」などを実施しました。特に厚生労働省のレセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)を利用した臨床薬剤疫学研究を主として、感染症分野での医薬品の適正使用に関する研究を実施しています。

研究活動

学会・研究会の座長

日本化学療法学会、日本医療薬学会、日本在宅薬学会等

科研費・競争的資金


  • 市中肺炎における血液培養検査が抗菌薬使用方法と入院期間に与える影響に関する調査」(15H00565)

  • 「感染性心内膜炎治療における抗MRSA薬テイコプラニンの適正な負荷投与方法の確立」(16H00580)

  • 「ビッグデータを利用した大腸癌術後化学療法開始時のB型肝炎対策の実態調査」(17H00576)

社会活動

社会貢献・地域連携

インドネシア地震津波災害の際に独立行政法人国際医療機構(JICA)より国際救急援助隊医療チームとしてインドネシアバンダアチェに派遣され災害医療活動に従事

各種委員


  • 長崎県薬事審議会委員

  • 日本病院薬剤師会雑誌編集委員

教育活動

非常勤講師

2007年から2014年 福岡大学薬学部非常勤講師
2015年から2019年 長崎大学薬学部非常勤講師

講演会


  • 「さまざまな医療環境に応じた感染症の予防と治療」第12回日本在宅薬学会学術大会ランチョンセミナー(2019年)

  • 「長崎大学病院における院内副作用報告体制について」医薬品適正使用推進セミナー(2018年)

  • 「リスク因子解析の実際」NTTデータ職員研修セミナー(2018年)

  • 「薬物有害事象をデータ分析する~ PMDAデータ分析事例~」NTTデータ数理システム特別セミナー医療情報分析セミナー(2017年)

研究実績

著書

抗菌薬耐性対策サーベイランス必読ガイド 株式会社じほう
感染症薬物療法トレーニングブック 株式会社じほう

原著論文


  1. Kodama Y, Nakashima M, Nagahara T, Oyama N, Hashizume J, Nakagawa H, Harasawa H, Muro T, Kurosaki T, Yamashita C, Hashida M, Kitahara T,  Sasaki H, Kawakami S, Nakamura T, Development of a DNA Vaccine for Melanoma Metastasis by Inhalation Based on an Analysis of Transgene Expression Characteristics of Naked pDNA and a Ternary Complex in Mouse Lung Tissues, Pharmaceutics, 12(6):1-12, 2020.

  2. 福重友理, 馬場安里, 赤松隼人, 今村政信, 中川博雄, 泉川公一, 兒玉幸修, 中村忠博, 室高広, 佐々木均, 抗菌薬適正使用支援に対する病棟薬剤師の意識調査, 九州薬学会雑誌, 74: 53-57, 2020.

  3. 今村政信, 藤井裕史, 福重友理, 山崎博史, 入江利行, 野中敏治, 伊東弘樹, 室高広, 喜多岡洋樹, 茂見茜里, 北原隆志, 九州・山口地区の医療機関におけるClostridioides(Clostridium) difficile感染症の診療に関する実態調査, 九州薬学会雑誌, 74: 49-53, 2020.

  4. 橋詰淳哉, 仮屋洋佑, 川原和也, 宮永圭, 神田紘介, 室高広, 中村忠博, 坂口功一, 佐々木均, 兒玉幸修, シスプラチン連日投与レジメンにおけるマグネシウム投与の有無による腎機能変動の実態調査, 日本病院薬剤師会雑誌56(10):1168-1174, 2020.

  5. 神田紘介, 北原隆志, 松本武浩, 室高広, 薬剤師による入院前持参薬確認外来の開設, 日本医療マネジメント学会誌21(2):106-109, 2020.

  6. 赤松隼人, 森塚暁裕, 岸川礼子, 小山直子, 内田隆寛, 神田紘介, 山口健太郎, 佐々木均, 室高広, ダプトマイシン投与患者におけるクレアチンキナーゼ測定の実施に関する実態調査と病棟薬剤師による測定推奨の取り組み, 日本病院薬剤師会雑誌56(9):1020-1023, 2020.

  7. 橋詰淳哉, 龍恵美, 能勢誠一, 宮永圭, 岸川礼子, 中村忠博, 室高広, 兒玉幸修, 山下春奈, 石井浩二, 佐々木均, ナルデメジン導入後の下痢発現に関する予測因子 ナルデメジン導入前のオピオイド鎮痛薬の投与期間に着目した解析, 日本緩和医療学会誌15(2):101-109, 2020.

  8. 嶺豊春, 室高広, 兒玉幸修, 中村忠博, 佐々木均, 代謝酵素阻害作用を有する抗HIV薬とステロイド剤との薬物相互作用に関する調査, 日本エイズ学会誌22(1):51-56, 2020.

  9. 今村政信, 中川博雄, 本多正幸, 泉川公一, 佐々木均, 室高広, レセプトデータベースを用いた市中肺炎患者における血液培養検査の実態調査, 日本病院薬剤師会雑誌56(2):159-163, 2020.

  10. 室高広, 中川博雄, 兒玉幸修, 中村忠博, 佐々木均, 「医療事故情報」と「ヒヤリ・ハット事例」における医療の実施に対する影響因子の推定, 日本病院薬剤師会雑誌56(1):85-90, 2020.

  11. 中川博雄, 佐道紳一, 岡田昌之, 今村政信, 福重友理, 樋口則英, 成末まさみ, 佐々木均, 室高広, 抗がん薬無菌調製における薬品搬入時の消毒法に関する検討, 日本病院薬剤師会雑誌56(1):53-55, 2020.

学会発表・シンポジウム・講演


  1. 内田隆寛, 神田紘介, 佐々木均, 室高広, 「薬剤管理指導業務モデルケース」の作成と活用に関する報告, 第22回日本医療マネジメント学会, 京都, 2020.

  2. 嶺豊春, 室高広, 山村真由美, 山口真美, 田浦直太, 松本武浩, 佐々木均, 入退院センターにおけるMSC術前検査・持参薬業務の取り組みと評価, 第22回日本医療マネジメント学会, 京都, 2020.

  3. 嶺豊春, 室高広, 山村真由美, 山口真美, 田浦直太, 松本武浩, 佐々木均, 入退院センター(MSC)における入院前持参薬確認および術前休薬確認業務の取り組み, 第22回日本医療マネジメント学会, 京都, 2020.

  4. 赤松隼人, 福重友理, 馬場安里, 今村政信, 中川博雄, 泉川公一, 佐々木均, 室高広, ダプトマイシン投与患者におけるクレアチンキナーゼ測定の実施に関する実態調査と病棟薬剤師による測定推奨の取り組み, 第68回日本化学療法学会総会, 兵庫, 2020.

  5. 濱田英里, 黒崎友亮, 兒玉幸修, 室高広, 中村忠博, 佐々木 均, RNAワクチン開発を目的としたmRNA内包三元複合体の開発,
    Source: 日本薬剤学会第35年会, 熊本, 2020.

  6. 古賀香織, 橋詰淳哉, 神田紘介, 兒玉幸修, 中村忠博, 佐々木均, 室高広, オキサリプラチンによる末梢神経障害に及ぼすラベプラゾールの影響の検討, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2020, 福岡, 2020.

  7. 小山直子, 橋詰淳也, 伊藤直子, 宮永圭, 仮屋洋佑, 神田紘介, 兒玉幸修, 中村忠博, 坂口功一, 佐々木均, 室高広, シスプラチン分割投与レジメンにおける制吐薬変更前後の制吐効果の比較検討, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2020, 福岡, 2020.

  8. 仮屋洋佑, 橋詰淳哉, 宮永圭, 川原和也, 伊藤直子, 小山直子, 神田紘介, 兒玉幸修, 中村忠博, 坂口功一, 佐々木均, 室高広, シスプラチン分割投与レジメンにおけるマグネシウム補充の有無による腎機能障害発現の比較, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2020, 福岡, 2020.

  9. 福重友理, 田代将人, 今村政信, 馬場安里, 赤松隼人, 中川博雄, 田中健之, 泉川公一, 佐々木均, 室高広, 抗真菌薬の投与実態調査に基づくAFS(Antifungal Stewardship)への取り組み, 第67回日本化学療法学会西日本支部会, 静岡, 2020.

  10. 今村政信, 藤井裕史, 福重友理, 山崎博史, 入江利行, 野中敏治, 伊東弘樹, 室高広, 喜多岡洋樹, 茂見茜里, 北原隆志, 九州・山口地区の医療機関におけるClostridioides(Clostridium) difficile感染症の診療に関する実態調査, 第67回日本化学療法学会西日本支部会, 静岡, 2020.

  11. 馬場安里, 中川博雄, 今村政信, 福重友理, 泉川公一, 佐々木均, 室高広, ASTが連携する病棟薬剤師へのAST業務に対するアンケート調査, 第35回日本環境感染学会総会・学術集会, 神奈川, 2020.

  12. 室高広, 安藤文彦, 奥田千恵子, 泉川公一, 佐々木均, ナショナルデータベースを用いた市中肺炎患者の血液培養検査に関する実態調査, 第35回日本環境感染学会総会・学術集会, 神奈川, 2020.

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
PAGE TOP
...loading