menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

江島 弘晃(えしま ひろあき)講師

江島 弘晃

所属

人間社会学部 国際観光学科

専門分野

運動生理学、応用健康科学、分子生物学

研究テーマ

脂質が骨格筋の形態・機能に与える影響、健康増進を打ち出す運動の新規メカニズムの解明

担当科目

運動生理学B、発育発達論、武道、専門演習IA・IB、ⅡA・ⅡB、ⅢA・ⅢB、スポーツ実習A・B、教養セミナーA・B、卒業研究

所属学会

日本運動生理学会、国際スポートロジー学会、日本生理学会、日本体力医学会、アメリカ生理学会

研究室

研究棟418

連絡先

0956-20-5666

E-mail

heshima

URL

プロフィール

2010年3月 福岡大学スポーツ科学部スポーツ科学科 卒業
2012年3月 福岡大学大学院 スポーツ健康科学研究科 スポーツ健康科学専攻 博士前期課程 修了・修士(スポーツ健康科学)
2015年3月 電気通信大学大学院 情報理工学研究科 先進理工学専攻 博士後期課程 修了・博士(理学)
2015年4月 順天堂大学大学院 医学研究科 スポートロジーセンター 博士研究員
2016年4月 日本学術振興会特別研究員PD・順天堂大学大学院 医学研究科 スポートロジーセンター
2016年4月 電気通信大学・非常勤講師(体育実技および健康論講義を担当)
2017年9月 順天堂大学医学部・非常勤講師(生理学講義・実習を担当)
2018年4月 ユタ大学糖尿病肥満研究センター所(公益財団法人上原記念生命科学財団海外留学助成)
2019年4月 ユタ大学糖尿病肥満研究センター所 博士研究員
2021年4月 長崎国際大学人間社会学部国際観光学科 講師

研究紹介

研究紹介

わたしたちのからだには「骨格筋」というからだを動かす際に必要不可欠な組織が備わっています。最近では、骨格筋の量や筋力の適切な維持が健康寿命の延伸につながると考えられています。私は肥満、糖尿病や加齢によって変化する骨格筋の中の脂質が骨格筋の量(形態・形)や質(機能・性質)にどのような影響を及ぼすのか?ということに興味をもって研究を進めています。また、加齢や疾患に対抗するための手段として、骨格筋の性質変化を感知する分子マーカーを同定し、運動擬似薬をつくりだすことを目標としています。

研究活動

学会・研究会の活動(学会の座長)


  • 2019年9月 日本体力医学会シンポジウム3

科研費・競争的資金


  • 2018年4月~2019年3月 上原記念生命科学財団海外留学助成 4,500千円

  • 2017年10月~2018年3月 順天堂大学学長特別共同プロジェクト研究費 1,400千円

  • 2017年9月~2018年3月 順天堂大学老人性疾患病態治療研究センター研究奨励費 400千円

  • 2016年10月~2017年3月 鈴木謙三記念医科学応用研究財団調査研究助成 1,000千円

  • 2016年4月~2018年3月 科学研究費助成事業特別研究員奨励費 2,500千円

  • 2016年5月~2016年6月 公益財団法人日本科学協会海外発表促進助成 200千円

  • 2015年8月~2017年3月 科学研究費助成事業研究活動スタート支援 2,300千円

  • 2014年4月~2015年3月 公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団研究助成 1,000千円

  • 2014年4月~2015年3月 日本科学協会笹川研究助成 500千円

研究活動に対する受賞歴


  • 2019年9月 日本体力医学会国際学術交流奨励賞受賞

社会活動

メディア掲載


  • 2019年1月 学校法人順天堂 「2型糖尿病が引き起こす筋力低下のメカニズムを解明~運動療法が低下した筋肉の質を改善させる~」

教育活動

講演


  • 2019年3月 福岡大学身体活動研究所報告会招待特別講演

  • 2017年9月 第9回分子骨格筋代謝研究会 京都大学吉田南キャンパス人間・環境学研究科棟

  • 2017年4月 Indiana University School of Medicine Seminar

  • 2016年8月 福岡大学研究推進部研究推進研究会

  • 2016年5月 East Carolina University Seminar

  • 2016年4月 順天堂大学スポーツ健康医科学研究所第6回所外セミナー

研究実績

著書


  • 江島弘晃、田村好史 2016年10月 身体活動・座位活動の科学~疫学・分子生物学から探る健康~熊谷秋三、田中茂穂、藤井宣晴(編集) 共著 羊土社出版 第7章-3

総説


  • Eshima H. (2020). Influence of obesity on skeletal muscle contractile dysfunction in aging. J Phys Fitness Sports Med, 9: 199-204.

  • Eshima H, Poole DC, Kano Y. (2018). Mitochondrial calcium regulation during and following contractions. J Phys Fitness Sports Med. 7: 205-211.

  • Eshima H, Poole DC, Kano Y. (2014). In vivo calcium regulation in diabetic skeletal muscle. Cell Calcium, 56(5): 381-319.

原著論文

  • Ikegami R, Eshima H, Nakajima T, Toyoda S, Poole DC, Kano Y. (2021). Type I diabetes suppresses intracellular calcium ion increase normally evoked by heat stress in rat skeletal muscle. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol. 320(4):R384-R392.

  • Eshima H, Tamura Y, Kakehi S, Kakigi R, Kawamori R, Watada H. (2021). Maintenance of contractile force and increased fatigue resistance in slow-twitch skeletal muscle of mice fed a high-fat diet. J Appl Physiol. 130(3):528-536.

  • Someya Y, Tamura Y, Takeno K, Kakehi S, Funayama T, Furukawa Y, Eshima H, Watanabe K, Kurihara T, Yanagiya T, Kaga H, Suzuki R, Sugimoto D, Kadowaki S, Kawamori R, Watada H. (2020). Decreased Muscle Strength of Knee Flexors is Associated with Impaired Muscle Insulin Sensitivity in Non-Diabetic Middle-Aged Japanese Male Subjects. Diabetes Ther. 11(10):2401-2410.

  • Eshima H, Siripoksup P, Mahmassani ZS, Johnson JM, Ferrara PJ, Verkerke ARP, Salcedo A, Drummond MJ, Funai K. (2020). Neutralizing mitochondrial ROS does not rescue muscle atrophy induced by hindlimb unloading in female mice. J Appl Physiol. 129(1):124-132.

  • Verkerke ARP, Ferrara PJ, Lin CT, Johnson JM, Ryan TE, Maschek JA, Eshima H, Paran CW, Laing BT, Siripoksup P, Tippetts TS, Wentzler EJ, Huang H, Spangenburg EE, Brault JJ, Villanueva CJ, Summers SA, Holland WL, Cox JE, Vance DE, Neufer PD, Funai K. (2019). Phospholipid methylation regulates muscle metabolic rate through Ca2+ transport efficiency. Nat Metab. 1(9):876-885.

  • Eshima H, Tamura Y, Kakehi S, Kakigi R, Hashimoto R, Funai K, Kawamori R, Watada H. (2020). A chronic high-fat diet exacerbates contractile dysfunction with impaired intracellular Ca2+ release capacity in the skeletal muscle of aged mice. J Appl Physiol.128(5):1153-1162.

  • Watanabe D, Hatakeyama K, Ikegami R, Eshima H, Yagishita K, Poole DC, Kano Y. (2020). Sex differences in mitochondrial Ca2+ handling in mouse fast-twitch skeletal muscle in vivo. J Appl Physiol.128(2):241-251.

  • Heden TD, Johnson JM, Ferrara PJ, Eshima H, Verkerke ARP, Wentzler EJ, Siripoksup P, Narowski TM, Coleman CB, Lin CT, Ryan TE, Reidy PT, de Castro Brás LE, Karner CM, Burant CF, Maschek JA, Cox JE, Mashek DG, Kardon G, Boudina S, Zeczycki TN, Rutter J, Shaikh SR, Vance JE, Drummond MJ, Neufer PD, Funai K. (2019). Mitochondrial PE potentiates respiratory enzymes to amplify skeletal muscle aerobic capacity. Sci Adv. 5(9):eaax8352.

  • Tomiga Y, Ito A, Sudo M, Ando S, Eshima H, Sakai K, Nakashima S, Uehara Y, Tanaka H, Soejima H, Higaki Y. (2019). One week, but not 12 hours, of cast immobilization alters promotor DNA methylation patterns in the nNOS gene in mouse skeletal muscle. J Physiol. 597(21):5145-5159.

  • Tabuchi A, Eshima H, Tanaka Y, Nogami S, Inoue N, Sudo M, Okada H, Poole DC, Kano Y. (2019). Regional differences in Ca2+ entry along the proximal-middle-distal muscle axis during eccentric contractions in rat skeletal muscle. J Appl Physiol.127(3):828-837.

  • Hirai DM, Craig JC, Colburn TD, Eshima H, Kano Y, Musch TI, Poole DC. (2019). Skeletal muscle interstitial Po2 kinetics during recovery from contractions. J Appl Physiol. 127(4):930-939.

  • Ikegami R, Eshima H, Mashio T, Ishiguro T, Hoshino D, Poole DC, Kano Y. (2019). Accumulation of intramyocyte TRPV1-mediated calcium during heat stress is inhibited by concomitant muscle contractions. J Appl Physiol.126(3):691-698.

  • Eshima H, Tamura Y, Kakehi S, Nakamura K, Kurebayashi N, Murayama T, Kakigi R, Sakurai T, Kawamori R, Watada H. (2019). Dysfunction of muscle contraction with impaired intracellular Ca2+ handling in skeletal muscle and the effect of exercise training in male db/db mice. J Appl Physiol. 126(1):170-182.

  • Hirai DM, Craig JC, Colburn TD, Eshima H, Kano Y, Sexton WL, Musch TI, Poole DC. (2018). Skeletal muscle microvascular and interstitial PO2 from rest to contractions. J Physiol. 596(5):869-883.

  • Eshima H, Miura S, Senoo N, Hatakeyama K, Poole DC, Kano Y. (2017). Improved skeletal muscle Ca2+ regulation in vivo following contractions in mice overexpressing PGC-1α. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol. 312(6):R1017-R1028.

  • Eshima H, Tamura Y, Kakehi S, Kurebayashi N, Murayama T, Nakamura K, Kakigi R, Okada T, Sakurai T, Kawamori R, Watada H. (2017). Long-term, but not short-term high-fat diet induces fiber composition changes and impaired contractile force in mouse fast-twitch skeletal muscle. Physiol Rep. 5(7):e13250.

  • Wakizaka M, Eshima H, Tanaka Y, Shirakawa H, Poole DC, Kano Y. (2017). In vivo Ca2+ dynamics induced by Ca2+ injection in individual rat skeletal muscle fibers. Physiol Rep. 5(5):e13180.

  • Eshima H, Poole DC, Kano Y. (2015). In vivo Ca2+ buffering capacity and microvascular oxygen pressures following muscle contractions in diabetic rat skeletal muscles: fiber-type specific effects. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol. 309(2):R128-37.

  • Kano Y, Miura S, Eshima H, Ezaki O, Poole DC. (2014). The effects of PGC-1α on control of microvascular P(O2) kinetics following onset of muscle contractions. J Appl Physiol. 117(2):163-70.

  • Eshima H, Tanaka Y, Sonobe T, Inagaki T, Nakajima T, Poole DC, Kano Y. (2013). In vivo imaging of intracellular Ca2+ after muscle contractions and direct Ca2+ injection in rat skeletal muscle in diabetes. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol. 305(6):R610-8.

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
PAGE TOP
...loading