menu

九州⻄部地域⼤学・短期⼤学連合産学官連携プラットフォーム

参画機関長コメント【参加機関】長崎総合科学大学 池上学長コメント

長崎総合科学大学 学長 池上 国広

長崎総合科学大学 学長 池上 国広

1.機関の特色・特徴の紹介

 本学は、1942(昭和17)年創立された川南高等造船学校を起源とし、時代の推移とともに専門学校、短期大学への移行を経て、1965(昭和40)年に長崎造船大学となって県内初の4年制私立大学に昇格を果たしました。その後、学部・学科・大学院の増設改編と校名変更、附置研究所および付属高校の設置等を伴って、長崎総合科学大学として発展してきました。現在は工学部工学科、総合情報学部総合情報学科の2学部2学科で構成し、工学科には「船舶工学」「機械工学」「建築学」「電気電子工学」「医療工学」の5コース、総合情報学科には、「知能情報」「マネージメント工学」「生命環境工学」の3コースを設けています。建学の精神として「自立自彊」「実学実践」「創意創新」「宇内和親」を掲げ、「少人数教育体制によるモノづくりのプロを育てる」ことを教育の基本として、常に時代の要請に応えうる実践的なモノづくり人材を育成しています。また、「新技術創成研究所」を中心として、先端技術分野における研究開発と技術革新に取り組み、産学官連携による社会貢献にも力を注いでいます。

長崎総合科学大学

2.QSPに対する期待と機関の果たす役割、取り組んで行きたい事業等

 本プラットフォーム事業は、九州西部地域の産学官が連携・協働することによって、地域に共通する課題の解決に向けて、知力と人的資源を投入し、活気と魅力のある地域社会の創出を目指すもので、地域の大学として取り組むべき最も重要な課題のひとつではないかと思います。15年ほど前に、規模は小さいが、同様の事業である県内全大学・短期大学の参加のもとに展開した「県内大学等間ネットワーク事業」が中途半端な状態で終わってしまった経験を持つ者として、今度こそという覚悟で、取り組みたいと考えています。前述のように、「モノづくり人材の育成」を教育の目的としている本学としては、特に「地域産業の活性化」に貢献できるのではと考えている。これまでの活動を見てみると、自治体や産業界との連携が十分でないように感じられ、今後この点に配慮しながら役割を果たしていきたいと考えます。

3.機関長の紹介(略歴等)

【略歴・専門・座右の銘・趣味等】

[略歴]
 1947年佐賀県生まれ。九州大学工学部卒、同大学院工学研究科修士課程造船学専攻修了。工学博士。1971年三菱重工業(株)入社。1999年長崎総合科学大学教授。学部長、研究科長、副学長を経て2016年退職。2019年長崎総合科学大学学長

[専門] 海洋開発工学、船舶工学

[座右の銘] 一所懸命、思いやり

[趣味等] 合唱、ゴルフ

4.公式サイト

お問い合わせ先

九州⻄部地域⼤学・短期⼤学連合産学官連携プラットフォーム

plat

プラットフォーム事務局(長崎国際大学内)
TEL.0956-39-2020 FAX.0956-39-3111

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
PAGE TOP
...loading