menu

九州⻄部地域⼤学・短期⼤学連合産学官連携プラットフォーム

参画機関長コメント【参加機関】西九州大学 久木野学長コメント

西九州大学 学長 久木野 憲司

1.機関の特色・特徴の紹介

 西九州大学は、昭和43年の開学当初より、「健康と福祉」の探求を掲げ、教育研究、人材育成ならびに地域貢献に取り組んできました。時代の推移とともに学部学科の増設・充実を図り、現在では5学部7学科、大学院は博士後期課程を備える体制となりました。保健・医療・福祉・教育等の専門領域からなる総合大学としてこれらの学科が連携をし、小さな子どもたちから高齢者まで人々の生活を支援し、さらなるその質の向上を目指すことができる専門職業人を養成します。建学の精神「世界文化の向上と人類福祉に寄与する人物の養成」のもとで専門知識や技術のみならず豊かな人間性を兼ね備えた心優しい人材を育成します。

 本学は、平成25年に「地域大学宣言」をして以来、キャンパスのある神埼市、佐賀市、小城市の3つの広大な市町を学生の実習の場として捉え、市民や各種団体、民間企業、地方自治体等のご支援のもと、世界の人々がともに目指す「持続可能な開発目標」を推進する有為の人材となって本学を巣立っていくことを目標に、学生の教育に取り組んでいます。

2.QSPに対する期待と機関の果たす役割、取り組んで行きたい事業等

 少子高齢化の進展や都市圏への若年層流出などによって地方の活力が失われつつあり、地域創生に資する大学改革が、現在、強く求められています。これまでそれぞれの大学・短期大学が産学官民との連携・協働を試み、一定の成果を挙げてきましたが十分とは言えません。QSP事業では、九州西部地域の17の大学・短期大学並びに長崎県と佐賀県の各自治体・経済界が共通の課題認識のもとで一丸となり、それぞれの特色と強みを活かして、地域活性化のための人材育成、大学教育の質向上、地域ニーズに呼応した調査・研究を実施することにより、活気と魅力ある地域社会の創出を目指すことになります。本学でも大学組織として自治体や経済界との連携は十分ではなかったので、これを機会に地域との連携に一層の力を注ぎ、大学改革を推進するためにもQSPに期待するところです。
 西九州大学は、QSPの中期計画において「健康・医療・福祉専門委員会」の責任校を担当しています。当委員会は本学も含め9つの学校から構成され、「生活習慣病予防、介護・認知症予防事業を通じた生涯現役プログラムの開発・普及」「地域の福祉ニーズの調査・研究に基づいた福祉プログラムの開発・普及」「生涯学習の視点に立った公開講座・教室の企画・運営」「地域住民の健康増進に資するプログラムの開発・普及」という4つの事業を柱として、長崎・佐賀を中心とした九州西部地域の健康・医療・福祉に関する地域課題の解消に取組んでまいります。人生100年時代を迎え、生涯にわたって健康な生活を営むには、認知症や糖尿病などの生活習慣病を予防する必要があります。また、地域で安心な生活を全うするには、気軽に利用できる居場所づくりなども必要でしょう。本学は当委員会の責任校として、担当校・自治体・経済界とともに、地域が抱える健康・医療・福祉分野の課題に一丸となって取組む所存です。

3.機関長の紹介(略歴等)

【略歴・専門・座右の銘・趣味等】

[略歴]
1989年 徳島大学大学院栄養学研究科修了 保健学博士
佐賀女子短期大学、山口県立大学、長崎県立大学を経て2020年4月 西九州大学入職

[専門] 解剖生理学(栄養学領域)

[座右の銘] 不撓不屈、礎たれ

[趣味等] 釣り、陸上養殖および活魚輸送システムの研究開発、ボートレジャー

4.公式サイト

お問い合わせ先

九州⻄部地域⼤学・短期⼤学連合産学官連携プラットフォーム

plat

プラットフォーム事務局(長崎国際大学内)
TEL.0956-39-2020 FAX.0956-39-3111

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
  • NIU Family
PAGE TOP
...loading