menu

トピックス

2019.06.19

【参加機関】佐賀女子短期大学 田口学長コメント

佐賀女子短期大学 学長 田口 香津子

1.機関の特色・特徴の紹介

 佐賀県内唯一の女子教育機関、学校法人旭学園佐賀女子短期大学は、2017年度より地域みらい学科4コースとこども未来学科2コース体制に改組されました。2018年度からは、学園訓に加えて、「女性の社会突破力」、「こどもの未来創造力」、「地域で育む実践力」、「グローバル共生力」の4つの力からなる『知力とともに人間力を磨き変動する社会を生き抜く力の育成』を将来ビジョンとしています。本学では、栄養士、介護福祉士、保育士、司書の国家資格、小学校教諭教諭、幼稚園教諭、栄養教諭、養護教諭の教員免許(二種)取得のほか、医療事務など20以上の民間資格が取得できます(令和元年現在)。2017年度より文科省選定の研究ブランディング事業に採択され、韓国文化研究の発信源、グローバル化先進例として高い評価を得ています。

2.QSPに対する期待と機関の果たす役割、取り組んで行きたい事業等

 全国のプラットフォーム事業の中でも、長崎、佐賀、福岡三県に跨るQSPの取り組みは、九州西部地区の大学、短期大学が、各地方公共団体、経済産業団体と連携し、広域にわたって活気と魅力ある地域社会の創出に貢献できる基盤形成のチャンスと捉えています。連携のプロセスには見解の相違や進め方の摩擦はつきものですが、会議を重ねることで相互理解も進んできたように感じます。

 本学の教職員は、他の参加校の教育活動の多様さ、豊かさに触発されることもあり、QSP事業の意義を徐々に認識しているところです。

 佐賀女子短期大学は、今後も積極的な事業参画をすすめますが、なかでも、短期大学ワーキンググループの責任校ならびにこども育成専門委員会の副責任校として、本学の人的・物的・知的資源と組織を積極的に活用していく所存です。

3.機関長の紹介(略歴等)

【略歴】1959年宮崎県生まれ。広島大学教育学部心理学科卒業後、宮崎大学教育学部特殊教育研究室研究補佐員を経て、1983年佐賀女子短期大学児童教育学科助手に就任以来、講師、助教授、教授、学科長、副学長を歴任し、2018年4月より学長。

【専門】臨床心理学(被害者支援)

【座右の銘】ピンチはチャンス 

【趣味等】文学創作(詩、短歌、回文) Facebook交流 似顔絵

4.公式サイト

佐賀女子短期大学公式サイト

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • ドクター安東の「恋と映画と健康と」
...loading