menu

社会連携

長崎国際大学ボランティアセンター

 ボランティアをしたいという学生の希望とボランティアを受け入れてくださる人をつなぐ組織、ボランティアセンターは、教職員から成るボランティアセンター運営委員会を設けて運営しています。東日本大震災を契機として、平成23年度に設立されました。平成24年度からは全学共通科目「ボランティア論」も開講され、履修学生は、講義や実習を通してボランティアの理論や方法論等を総合的に学修することができます。

 これまでに、東日本大震災の被災地をはじめ、平成26年度に開催された2014長崎がんばらんば国体・長崎がんばらんば大会、長崎県内の社会福祉施設やチャリティ活動を実施しておられる団体等が多くの学生ボランティアを受け入れてくださいました。

 平成28年4月に発生した「平成28年熊本地震」は、身近で起きた大きな災害であっただけに、「私たちにできることを何かしたい」という声が多くの学生から寄せられました。その声に応えるべく、ボランティアセンターでは、佐世保市内での3回の街頭募金活動、益城町の被災家屋のがれき撤去作業、益城町の仮設団地での食器市やエイサーの演舞披露等を企画し、学生に活動してもらいました。これらの活動に際しては、熊本市の尚絅大学や佐世保市社会福祉協議会、佐世保市内の企業の方々から多大なご協力もいただき、被災地の方々と大学とのご縁を築くことができました。

 ボランティアセンターは、今後もボランティアに取り組む学生ならびに学生を受け入れてくださる人達が安心・安全なボランティアを展開できるよう、支援していきます。

長崎国際大学ボランティアセンター
センター長 仮屋薗 博子

長崎国際大学ボランティアセンターとは

目的

センターは、本学学生が自発的にボランティア活動を行うことにより学びを深める機会を積極的に促進するとともに、関係諸団体及び機関と連携し、地域社会及び国際社会への貢献に資する活動を支援することを目的とする。

センター長
仮屋薗 博子(薬学科教授)
設立年月日
平成23年4月
事務局
〒859-3298 佐世保市ハウステンボス町2825-7
長崎国際大学事務局学生課(担当:荒巻)

活動分野

  1. ボランティア活動の実践並びにそのための事前準備及びトレーニング
  2. 学外のボランティア関係者、機関及び組織との調整・連携及び協力
  3. 地域におけるボランティア活動に関する情報の収集
  4. ボランティア活動の報告及び記録並びに研究
  5. ボランティア活動に関する研修の主催及び受講
  6. 本学におけるボランティア活動の学内外への広報及び周知
  7. ボランティア活動に必要な保険加入等の事務手続き及び活動によって生ずるリスクマネジメント
  8. その他、ボランティア活動に係る事項

学生ボランティア活動報告

平成27年度

5月30日(土)

 平戸クリーンウォーク&史跡めぐりが、平戸市社会福祉協議会の主催で開催され、本学学生21名(国際観光学科、健康栄養学科、社会福祉学科)と教員1名が参加しました。
ガイドさんの解説を伺いながら、平戸港交流広場付近の史跡(名所・観光スポット)をめぐりつつ、清掃を行うというユニークなボランティアで、地域の小学生の子どもたちや保護者も多数参加し、本学学生も初めて参加させていただきました。」

7月4日(土)5日(日)

 日本肢体不自由者卓球協会ナショナルチーム(NT)合宿が平戸文化センターで行われ、合宿を支援するボランティアとして、本学学生17名(国際観光学科、社会福祉学科)が参加しました。平戸肢体不自由者卓球協会の主催で開催されたこの合宿でのボランティアは、卓球のこぼれ球を拾うことや練習がスムースに進められるように後方サポートすることでした。NT選手の練習の迫力を間近で見た学生は、選手の圧倒的な真剣さに感動して、多くのことを学ばせていただきました。

8月22日(土)23日(日)

 24時間テレビチャリティに10名(国際観光学科、社会福祉学科)の学生ボランティアが参加しました。それぞれ、募金活動の場所に集合し、2班交代制で終日街頭募金のボランティアを行いました。参加した本学学生は、募金してくださる方々から、「お疲れ様です」、「がんばってください」の声をかけられたこと、他大学の学生や高校生と協力することで、ボランティアの大切さを改めて実感したようです。募金をしてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

10月3日(土)

 「ふれあい交流講座IN長崎国際大学」が今年も開催されました。障がいを抱える方と共に体を動かして楽しむ「リズムダンス」と「笑いヨガ講座」が行われ、本学学生20名(国際観光学科、社会福祉学科、健康栄養学科)と教員2名が参加しました。ダンスとヨガの二つの教室にそれぞれ別れて、リズムダンスはインストラクターの先生のリズムに合わせてダンスし、笑いヨガ講座では、ヨガの講師とボランティアスタッフの指示に合わせて、手を触れあい、肩を寄せ合って、心の底から笑うことができ、楽しい一緒の時間を過ごしました。ボランティア学生も、輪のなかに参加させていただき、本当の意味でのふれあい交流を体験させていただきました。詳細写真は本学HP「社会貢献」で掲載中です。

東日本大震災に関するボランティア活動について

東日本大震災に関するボランティア活動

本学では、2011年3月11日に起きた東日本大震災に対するさまざまなボランティア活動を行なってきましたのでご報告させていただきます。

東日本大震災への物資仕分け作業ボランティアについて2011年3月22日(火)~4月14日(木)の期間で本学、社会福祉学科の学生を中心に78名の学生が佐世保市広田町にあるみかん選果場で、佐世保市の各支所から集められた物資を、米、水、保存食、毛布、おむつ、生理用品等々に物資を振り分ける作業を行いました。

ダンボールで運ばれてくる物資を一度開封し、中身の個数を確認の確認及びさらに細かく振り分けを行い、現地ですぐに活用できるような形で送り出すための作業です。ダンボールの外側に何が入っているかを書き記していきます。
最終的にはトラックに積み込みを行い大村空港まで運搬する作業にも同行しました。
他にも本学学生が取り組んだ活動内容は、早岐茶市での募金活動、留学生による街頭募金活動、上柿元シェフのもとチャリティー食事会の手伝い、学生が積極的にボランティア活動を行なっています。

また、以下は安部芳樹 名誉教授(元 国際観光学科 教授)による岩手県の視察報告です。

東日本大震災(宮古、山田、田老)

8月27日~30日の3泊4日で、岩手県の宮古、田老、山田町を巡った。
盛岡市に宿泊し拠点とした、宮古市まで盛岡駅から約2時間、山田町までは、宮古市より50分、片道約2時間50分(バスの乗り換え時間をいれると3時間を超える)はかかる。

 宮古市内の田老町までは、宮古駅から30分程度である。
 山田町に行く途中、宮古駅から山田町までのバスの窓越しに、津波に襲われ、壊れた家跡や瓦礫など津波の爪跡が痛々しかった。
仮設住宅の横も通り抜けた。場所によっては低地であっても損害が少ない地域もあった、特に高台の被害は少なかった。それにひきかえ海岸側の低地の多くは、殆どの家が壊されていた。 東日本大震災に関するボランティア活動 山田町に着き、バスを降り周りを見回すと、倒壊した家の土台のコンクリートだけが残り、平野のように空間が広がり、被災前の姿は全くない。人影の見えない町をパトロールカーが巡回している姿に、秩序回復に努める町の息吹を感じた。がんばろう東北、がんばろう盛岡、がんばろう宮古など行く先々でがんばろうという文字を目にした。宮古市の土地の人からは「職業もないのに、がんばろうと言われても、がんばれない」と聞くと「なるほど」と頷く、一方復興を目指す山田町のスマイル・ガーデン山田商店街でラーメンを販売する店の人の姿を見ると「頑張っているんだなあ」と改めて感じるなど、個々において言葉かけも違うことを山田町で教わる。

 写真を撮ろうとすると、「写真を撮っていいのだろうか」と心痛を覚え、周りに人影がないかどうかを確認してシャッターを押す、津波大地震から、人の優しさを教わった。
 世界屈指の大防波堤を超えたことで有名な宮古市田老町へ29日に行く。高さ10mの防波堤を超えた津波に流されたバス停に、新しく立った田老中町のバス停の標識が、流された町の家々を想い起こさせ震災の脅威を感じた。瓦礫は殆んど片付けられていた。田老町、山田町の中心街を歩いたが、人と出会ったのは、バスで同乗した人以外は、2人という少なさである。
宮古のボランティアセンターでは、瓦礫の処理にあたるボランティア活動、高齢者の話し相手のボランティア活動(サロンボランティア)を9時から行っていた。年齢や体力に応じた活動が出来る、山田町では、山田の醤油や山田町で獲れる秋刀魚の予約などの経済支援があったので、少額ではあったが購入した。

 実際に震災地に行き、役場の職員が町の人を助けに出て、津波に呑まれた話、津波の後に火事になり、水道水がでなくて消防団員の方々も燃えるに任せるしかなかった山田町の災害の悲惨さ、自衛隊や米軍支援始め多くのボランティア活動に参加した人たちへの震災地の人々の感謝の気持ち、山田町で「新潟の○○会社より、チキンが届いていますので、12時に○○場所に取りに来てください」という放送に、多くの人々の支援活動への参加と温かさを感じた。千年に一度とも言われる東日本大震災の地を巡り、人間の謙虚さの大切さを自然の脅威からあらためて自覚するとともに、被災地へのボランティア活動の大切さを実感した。

国際観光学科 教授 安部芳樹

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading