menu

トピックス

国際交流トピックス

2017.11.14 国際交流

【国際交流】第15回留学生日本語弁論大会を開催しました!

 11月4日(土)開国祭初日、第15回を迎える「留学生日本語弁論大会」を開催しました。今年は9名の留学生が参加をしました。

 佐世保にある本学での日々の留学生活から感じ、学び得たことを時にユーモアを交えながら力強く、また、繊細な心模様をしっとりと語るその姿は聴衆に感動を与えました。

 最優秀賞は、人間社会学部国際観光学科4年のちん)明輝めいき)さんでした。「優しいうそ」と題し、アルバイト先で感じたままに口にしてしまった言葉が先輩を傷つけてしまったことから、中国と日本、両文化の表現の違いについて気づき、考えさせられたことを語りました。

 私たち日本人には当たり前すぎて気にも留めないようなことを、彼らは新鮮なものとして感じ語ってくれます。留学生から改めて気づかされる日本の良さを感じたという感想が聴衆からは多く聞かれました。

 審査時間のインターバルには、留学生によるミニコンサートが企画されていました。ヴァイオリンとピアノで優雅な音楽を奏で弁論大会に花を添えました。

 弁者は練習を重ね、大変緊張していましたが、終始温かい雰囲気の弁論大会でした。
来年もどのような視点で留学生が語ってくれるのか今から楽しみです。
泣いたり笑ったりの本弁論大会へ、来年もぜひ足を運んでください。そして、家族のもとを離れ、頑張る留学生たちにエールを送っていただけたらと思います。

第15回留学生日本語弁論大会出場者と演題

ロウ シュッエイ(香港) 「日本語を勉強するきっかけ」
ヨウ ブンキ(中国) 「初めての日本生活感想」
ゴ  シヒン(中国) 「私が見えた日本」
ホァン キンガン(ベトナム) 「日本での有意義な体験」
ワ ユッティン(香港) 「多文化交流体験の留学生活in佐世保」
優秀賞 ホン ウンス(韓国) 「私が感じた日本文化の違い」
最優秀賞 チン メイキ(中国) 「優しい「うそ」」
優秀賞 キム ベクソプ(韓国) 「夢を手に入れる時間」
リ  ソナ(中国) 「日本、出会えてよかった」

国際交流・留学生支援センター

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
...loading