menu

健康管理学部健康栄養学科

健康栄養学科長メッセージ

温かい教育環境のもと、
専門力、人間力を兼ね備えた
人材の育成を目指しています。

学科長
熊井 まどか
学科長

 現在、食・栄養のスペシャリストとして管理栄養士の活躍の場は広がっています。と同時に、各分野で食、健康と栄養の維持・管理、疾病の予防と治療に関する課題も、多岐にわたり複雑化しています。このような状況の中で、管理栄養士は、課題を見出し、その解決に向けた取り組みを実践できる高度で専門的な知識や技術を修得する必要があります。さらに、目まぐるしい科学の進歩や社会の変化に対応できるよう生涯にわたって学ぶ姿勢が求められます。本学科では、医師や管理栄養士からなるスタッフによる講義や実習を通して「医学を基本とした栄養学」を身に付けることができる充実したカリキュラムを構成し、管理栄養士の資格取得をサポートしています。

 また、将来、仕事をする上で、同職種や他職種との連携した取り組みが重要視されているため、管理栄養士には協調性やコミュニケーション能力も必要とされます。本学の基本理念である「人間尊重」のもと、管理栄養士が管理栄養士の後輩を育成するという温かい教育環境の中で、知識や技術の修得に加え、人に寄り添える豊かな人間性を持ち合わせた、社会に求められる人材の育成を目指しています。

健康栄養学科3つのポイント

医学と栄養学。 どちらも身につけた プロをめざす。

医学と栄養学。 どちらも身につけた プロをめざす。

「医学を基本とした栄養学」。それが、本学科の理念です。そこで、栄養学と医学の結びつきを十分に理解させるため、実習を取り入れたさまざまな授業を展開。知識とともに実践力を身につけていきます。あわせて、「人」と向き合い、「人」のために栄養学の知識を生かすことができる、人間性と行動力を持った栄養学のプロフェッショナルをめざします。

教員のすべてが 経験豊かなスペシャリスト。

教員のすべてが 経験豊かなスペシャリスト。

病院での栄養管理、行政での保健指導、健康増進施設での健康指導、食品メーカーでの食品開発、製薬会社での新薬開発。本学科の教員は、各分野で豊富な経験を持つスペシャリストばかりです。その現場の“生の声”が、学生に大きな刺激を与えています。もちろん、実践力を鍛えるノウハウも充実。各スタッフが専門の立場で指導できるから学生の向上心も高まるのです。さらに充実した施設・設備で、目標に向かう学生をバックアップしています。

目標は、管理栄養士の 資格取得。

目標は、管理栄養士の 資格取得。

国家試験に合格して、管理栄養士になる。それが本学科の学生の共通した目標です。そのために教員と学生とが一体となって、試験対策に取り組んでいます。ときには厳しく指導することもあります。しかし、それも合格をめざすからこそ。厳しさに負けない強靱な意志こそが、将来に役立つ人間性と高い専門性につながるのです。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
PAGE TOP
...loading