menu

薬学部薬学科

卒業研究

卒業研究とは

卒業研究とは

実務実習期間を除いた5・6年次に行う研究を、卒業研究といいます。一連の薬学専門知識を修得した学生が、さらに深い専門性、研究する心と態度、問題発見・解決の能力、創造性と倫理性を身に付けることを目的としています。また、この経験を通して、薬剤師に必要な生涯にわたって学び続ける意志と探求心を養います。

卒業研究の実際

各専任教員が公開する研究テーマのうち最も興味を持つものを選択し、研究活動を行います。その教員の指導の下、学生自ら研究の目的・方法を考え、調査・実験から得た結果について考察する知識・技能・態度を修得し、最終的に卒業論文を作成します。専門薬剤師としてはもちろんのこと、教育者・研究者としても将来の第一歩を踏み出せる意識を身につけます。この研究活動を通じて、薬学に関連した英文学術誌・雑誌などを解読する知識と技能を修得し、医療現場、学術会議などで必要とされる英語力も身につけます。


PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • ドクター安東の「恋と映画と健康と」
PAGE TOP
...loading