menu

トピックス

学生生活トピックス

【準硬式野球部】 創設以来初の全国大会出場決定!

 本学準硬式野球部が平成23年5月20日から27日まで福岡で開催された「第63回全日本大学準硬式野球九州選手権大会」に出場し、参加29チーム中4位となり、平成23年8月21日から石川県で開催される「第43回清瀬杯全日本大学準硬式野球大会」への出場が決まりました。

 九州選手権大会は、全国大会への出場権をかけた唯一の大会であり、一方で敗退してしまうと4年生が引退という大会でもありました。また、今年は有望な一年生の加入で、チーム内に激しい競争が生まれ、週4日の練習がより充実したものとなり、練習試合でも良い成績を収めており、部員のこの大会にかける意気込みは相当なものでした。

 1回戦のシード校対長崎県立大学戦に7-6で競り勝つと勢いに乗り、2回戦の九州大学に4-2、三回戦もシード校の鹿児島大学に2-0で勝利し、全国大会への出場を決めました。準決勝は昨年のインカレで敗れている強豪九州産業大学でした。今までの試合では見られなかったミスが目立ち、終わってみれば1-8のコールド負け。そして最終戦の3位決定戦に臨み善戦しましたが、8-9でシード校の久留米大学に惜敗しました。しかし参加29チーム中4位となり初の全国大会出場の切符を手にすることができました。

  メンバーの宮原優輝君(福岡県立嘉穂東高等学校出身、国際観光学科3年)は『今大会は毎試合ラッキーボーイが現れた。ラッキーボーイが出てくるチームは強いと改めて実感した。また、自分自身は控えに甘んじてしまったので全国大会ではチームの勝利に貢献できるようにこれまで以上に努力していきたいと思います。』と語っていました。 

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
  • 古本募金
...loading