menu

トピックス

学生生活トピックス

【空手道部】全九州学生空手道選手権において大黒優希(国際観光学科4年)が個人形で優勝!8名が全日本学生空手道選手権出場権獲得!

 令和元年5月12日(日)に鹿児島市で開催されました第60回 全九州学生空手道選手権大会に本学空手道部が出場しました。今回の大会には、九州の大学から男子20校、女子16校(1校につき各階級組手5名、形2名まで出場可能)がエントリーしており、個人別の大会としては全日本学生空手道選手権大会につながる重要な大会です。

 試合結果は、女子個人形において大黒優希(国際観光学科4年)が激戦を勝ち進み、初優勝をおさめました。平山鈴菜(同学科2年)も3位入賞という結果でした。全九州大会での個人形のタイトルは長崎国際大学空手道部にとって2度目のことです。

 女子個人組手では本学から出場した選手5名の内、寺川鈴乃(同学科3年)が+55kg級において準優勝という結果でした。

 男子個人組手は、-75kg級に出場した南瑠海(同学科1年)が準優勝、山口将吾(国際観光学科3年)が第5位、-65kg級に出場した八頭司恭仁(同学科1年)が第3位、石田唯人(同学科3年)、嘉数守斗(国際観光学科2年)がベスト8という結果でした。

 大会終了後に行われた全日本学生空手道選手権への出場選手選考会の結果、本大会形競技優勝者の大黒、第3位平山、組手競技からは準優勝者の寺川、南、第3位八頭司の他、山口、石田、嘉数が候補選手として選出されました。

 5月26日(日)には第57回西日本学生空手道選手権大会が開催予定です。長崎国際大学の名前を全国に轟かせるよう健闘してきたいと思います。駆けつけてくださいましたご父兄の皆様、OB・OGの皆様、応援ありがとうございました!今後とも皆様の応援よろしくお願いいたします。

大会後の選手のコメント

大黒優希(国際観光学科4年)

 今回、九州大会最後の個人戦で優勝することができました。いつもとルールが異なり、戸惑いもありましたが、卒業された先輩がずっと傍に居てくれて心強かったし、最後ということもあり、思いっきり悔いなく演武することができました。1ヶ月後は全日本大会ですので、予選突破出来るように頑張りたいです。応援して下さった皆様ありがとうございました。

寺川鈴乃(国際観光学科3年)

 今回の全九州組手競技で準優勝という結果でした。優勝を目指して日々の練習に励んできたのですが、あと一歩の所で負けてしまったので、来年は優勝できるように日々の練習で常に試合を意識し、また今回の試合で自分の課題がたくさん見つかったので、それを改善し日々の練習に全力で励んでいきます。

南 瑠海(国際観光学科年)

 今回は大学に入って初めての試合でした。大学は高校と違うので、戸惑うところが沢山ありましたが、準優勝することができ出来、嬉しく思います。今回の試合で課題も見つかったため、今後の西日本大会、全日本大会までに修正できるよう、全力で練習に取り組んでいきたいと思います。 

関連リンク
PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
...loading