menu

トピックス

学生生活トピックス

【陸上競技部・駅伝部】西日本インカレ100mで北川君と小山君が入賞!

 令和元年6月21~23日に京都市の西京極総合運動公園にて、第72回西日本学生陸上競技対校選手権大会(西日本インカレ)が開催されました。

 本学からは、6名の学生が100m、1500m、4×100mR、ハンマー投げに出場しました。結果は、100mにおいて過去最多の2名が入賞を果たしました。

大会結果 100m

6位 北川雄翔 予選10秒63(-0.5)、準決勝10秒51(+1.9)、決勝10秒67(+0.0)

8位 小山知祐 予選10秒72(-1.0)、準決勝10秒58(+1.2)、決勝12秒39(+0.0)

 北川君は昨年に引き続き入賞を果たし、小山君は西日本インカレ初入賞という躍進をみせてくれました。なお、北川君は本大会で標準記録を突破し、3年連続で全日本インカレの出場権を獲得しました。応援・サポートいただいた皆さま、誠に有難うございました。

 陸上競技部・駅伝部は、今後7月の九州地区大学対抗体育大会、9月の全日本インカレ、九州学生選手権、12月の九州学生駅伝対校選手権などの大会に向けて励んでまいります。今後とも、応援のほどよろしくお願いいたします。

大会後の選手のコメント

北川雄翔(100m【6位】)〔佐世保南出身〕

  故障から復帰した本大会。これまでチームに貢献できなかった悔しさを胸に臨んだ大会でした。準決勝で1年ぶりに自己ベストを更新し、全日本インカレの出場権を得たこともさることながら強豪ひしめく中で、チームメイトであり良きライバルである小山くんと決勝の舞台に立てたことは長崎国際大学陸上競技部の歴史に新たな1ページを刻めた瞬間であり、感慨深いものでもありました。怪我の不安や疲労もあり、決勝では満足いくパフォーマンスはできませんでしたが、この経験を糧に全日本インカレの決勝の舞台に立てるよう努力していきたいと思います。多方面にわたり応援やサポートをしてくださる方々への感謝の気持ちを忘れず、長崎国際大学陸上部の発展に貢献できるよう残り少ない学生シーズンを戦い抜きたいと思います。

小山知佑(100m【8位】)〔大村工業出身〕

  今回の西日本インカレは、春の九州インカレからのシーズン前半の疲れが溜まっており、身体にキレがなくなっている状態での出場でした。その中でも、出来る準備はしっかりと行い本番に備えました。正直なところ、準決勝に行ければ十分という気持ちで臨んだところでしたが、準決勝で自身2度目の10秒5台を出し決勝に勝ち上がることができました。決勝まで進めるとは思っていなかったので、今回このような舞台に立つことができ、とても良い経験になりました。その後の4×100mリレーでは、100m準決勝で痛めた脚の影響で満足のいく走りができず、後輩の2人や雄翔さんには迷惑を掛けてしまいました。次の九州地区大学体育大会では万全の走りが出来るように準備します。これからも応援の程宜しくお願いします。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • ドクター安東の「恋と映画と健康と」
...loading