menu

トピックス

学生生活トピックス

2020.11.17 学生生活

【地域文化研究会】西海市西海町横瀬郷での発掘調査

 令和2年9月13日(土)・14日(日)および10月18日(日)~11月15日(日)にかけて、西海市西海町横瀬郷(横瀬浦)での発掘調査を実施しました。横瀬浦は、平戸に続いてポルトガル船が来港し、当時の横瀬浦は大村純忠庇護のもと貿易港として栄えた地域です。ルイス・フロイスの『日本史』や、西海町が編纂した『西海郷土誌』には中世末に焼き討ちにあったとの記述があり、一夜にして灰燼に帰したとされていますが、具体的な痕跡について証明する物的資料は確認できていません。今回は、横瀬郷の地域史の把握を目的に、発掘調査の方法を用いて調査を実施しました。

 本調査では、当該地域における中世末期の遺構の確認を目的とし、2m×2mの範囲で発掘しました。調査の工程は以下の通りです。

①発掘調査の安全を祈願し、横瀬神社協力のもと地鎮祭を実施。
①発掘調査の安全を祈願し、横瀬神社協力のもと地鎮祭を実施。
②発掘前の現況記録として写真撮影を行い、その後、除草作業を実施。
②発掘前の現況記録として写真撮影を行い、その後、除草作業を実施。
③2m×2mの方形トレンチ(調査区)を1ヶ所設定。
③2m×2mの方形トレンチ(調査区)を1ヶ所設定。
④表土層から層位的に発掘し、適宜土層断面の断面図を作成、埋土の状況を確認。
④表土層から層位的に発掘し、適宜土層断面の断面図を作成、埋土の状況を確認。
⑤遺物発見時には、出土状況の写真を撮影し、一点ずつ番号を付けて取り上げ。
⑤遺物発見時には、出土状況の写真を撮影し、一点ずつ番号を付けて取り上げ。
⑥遺構発見時には、発掘前の写真を撮り、半裁(半分に遺構を分け、半分のみを発掘)、土層断面図の作成、残存部の発掘の手順で作業を実施。
⑥遺構発見時には、発掘前の写真を撮り、半裁(半分に遺構を分け、半分のみを発掘)、土層断面図の作成、残存部の発掘の手順で作業を実施。
⑦完掘後、平板測量などの方法を用いて平面図を作成。
⑦完掘後、平板測量などの方法を用いて平面図を作成。⑦完掘後、平板測量などの方法を用いて平面図を作成。
⑧調査終了時には遺構の埋め戻しを実施。
⑧調査終了時には遺構の埋め戻しを実施。

 今回の調査は、落合教授、中島助教引率のもと、大学院生2名、国際観光学科の4年生4名、3年生6名、2年生3名が参加しました。調査の結果、ピットと呼ばれる穴状の遺構3基、陶磁器60点、石材・石製品16点が出土しました。遺跡の時代は不詳ですが、出土した遺物の多くは江戸時代のものであり、少なくとも江戸時代まで遡ることができると考えられます。

 本調査では、横瀬郷の地域住民の方々に多大なご支援、ご協力をいただき、円滑に調査を実施することができました。今後は整理作業を実施し、これらの成果を基に当該遺跡の性格や位置づけを把握していきます。そして、調査成果を発掘調査報告書の形で地域に還元できるよう、作業を進めていきたいと思います。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
...loading