menu

薬学部薬学科

学科長メッセージ

心ある医療人「薬剤師」の
養成に取り組みます

学科長
小林 秀光
学科長

 現代の医療現場における薬剤師の役割は、薬という対物業務はもとより、患者さんへの服薬指導という対人業務が重要視されています。例えば、病院において医師や看護師と共に医療チームに参加している薬剤師には、適正かつ効率的な調剤や医薬品管理といった対物医療業務に加え、薬物治療を安心かつ安全に実施すべく病棟での対人医療が求められます。一方、保険調剤薬局では「かかりつけ薬剤師」の配置が始まり、患者への適切な服薬指導を行っているか否かで、評価(診療報酬)が大きく変わることになります。かかりつけ薬剤師になるためには、認定基準をクリアするだけでなく、患者さんの同意が不可欠なものとなり、まさに患者が薬剤師を選ぶ時代がやってくるのだと思います。従って、これからの薬剤師にとっては、人と直接向き合うコミュニケーション能力が益々重要になることは間違いありません。このように、地域社会において大きな役割と責任が期待されている薬剤師は、医療人としての臨床実践能力、課題発見・解決能力だけでなく、倫理と教養、すなわち人間力も十分に高めていく必要があります。

 本学では文化系・運動系の様々なサークル活動が、充実した設備のもと盛んに行われています。また、低学年次においては全学部に共通する幅広い教養科目を選択できます。これらに加えて、1年次の年間を通して担任教員によるスモールグループディスカッション方式の「教養セミナー」を必須科目としています。このように、薬学科ではサークル活動への参加や教養科目の受講によって、コミュニケーションスキルを自然と学べる環境が整っています。そして、2~4年次には数多くの薬学専門科目が用意され、5年次になれば、学んだ専門知識と技能を実践することを目的とする実務実習がメインとなります。この6か月におよぶ病院と保険調剤薬局における長期実習を通して、医療人としての薬剤師の姿を実体験として学ぶこととなり、患者さんや医療チーム内でのコミュニケーションが、薬剤師としての「やりがい」に大きく関わるものと気づくようになります。

 人の命に直接関わる医療人になるためには、絶え間なく努力を続ける強い意志を持つことがとても大切です。薬学科での6年間、皆さんが大きな目標に掲げる薬剤師になることを、全教職員が一丸となってサポートすることをお約束します。

薬学科の3つのポイント

他学部と連携した6年一貫教育

他学部と連携した6年一貫教育

薬学科では、医療・健康保健事業に参画できる質の高い薬剤師の養成をめざし、6年一貫の体系的なカリキュラムを編成しています。特に、薬学を人間中心の学問と位置づけ、基礎薬学から医療薬学の習得に必要な専門科目のほか、人間社会学部・健康管理学部との連携を重視。福祉の心や栄養学の知識を身につけることで、「ヒトに優しく、心もケアできる」薬剤師の養成に力を注いでいます。

少人数での教育・研究を重視

少人数での教育・研究を重視

本学科では、独自の教育指導体制(少人数担任制、初年次教育・導入教育、リメディアル教育、演習・試験対策)により、薬学の専門的な知識・技能の修得をサポートし、社会人として豊かな人間性を育みます。中でも、少人数での教育・研究を重視していることは、本学科の特色の一つです。少人数担任制は、個々の学生の特性を見極めたman to manの学習・生活指導を通して、学生の学習意欲の向上、学力の向上に効果を発揮しています。また、薬学導入科目では、学生が教員と密接にふれ合う機会を設け、薬学教育へのモチベーションを高めます。さらに、各教員が自身の先端研究を基盤とした教育を提供することで薬学への造詣を深めるほか、実務経験の豊富な教員が薬剤師実務の知識・技能の錬成を図ります。

  • リメディアル教育とは
    薬学を志す学生にとって必須である自然科学分野(物理・化学・生物・数学)の基礎学力を大学教育レベルに到達させるために初年次に行う基礎教育のことです。

最新鋭の設備機器と充実した学習

最新鋭の設備機器と充実した学習

専門知識・技能を修得するためには、実習が不可欠です。本学部では、他の薬学部には見られない実習科目の充実を図っています。6年制薬学科として最も特徴的な授業が臨床現場での業務体験を行う「薬学実務実習」です。学生は、4年次に学内において学外実習のための基礎知識・技能を修得。5年次に病院薬剤部および保険調剤薬局にて、それぞれ約2.5カ月の学外実務実習を行います。また、内容の濃い実習を遂行するための最新鋭の機器と施設を擁しています。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading