menu

トピックス

学術研究トピックス

【薬学研究科】藤井佑樹講師(機能形態学)の研究課題が2019年度杉山産業化学研究所研究助成に採択されました。

種目

杉山産業化学研究所研究助成

研究課題

「二枚貝レクチンを用いた免疫細胞の増殖制御と創薬に関する研究」

研究者

藤井 佑樹 (長崎国際大学大学院薬学研究科 機能形態学研究室 教授 藤田英明)

期間

2019年5月~2020年3月31日

概要

海棲無脊椎動物には、創薬に期待されるレクチン(糖鎖結合性タンパク質)が豊富に存在します。機能形態学研究室では、長崎県で採集した二枚貝ムラサキインコガイから、レクチン「セヴィル」を発見しました。免疫細胞ナチュラルキラーに発現する「アシアロGM1糖鎖」との結合を見出しました。本助成を受け、レクチンによる免疫細胞の増殖制御作用に関するスクリーニングを行います。

関連リンク
PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • ドクター安東の「恋と映画と健康と」
...loading