menu

トピックス

学部学科トピックス

2021.06.07 薬学科

【薬学科】【薬剤師研修会第2弾】「薬剤師のためのワクチン調製研修会」を開催しました。

 6月6日(日)薬学部実習室に於いて、「薬剤師のためのワクチン調製研修会」を開催しました。これは、先日行われた「薬剤師・看護師のためのワクチン接種研修会」から続く、薬剤師研修会の第2弾です。

 全国で新型コロナウイルスワクチンの集団接種開催が相次ぐ中、長崎県から長崎県薬剤師会に対しても集団接種会場でのワクチン薬液充填業務の依頼がありました。これを受け、長崎県薬剤師会、佐世保市薬剤師会と本学の共催で、地域薬剤師への実技研修を開催する運びとなりました。

 当日は、予想を大きく上回る数の参加申請があり、感染対策の観点から、81名に制限して開催せざるを得なかったことは大変残念でした。しかし、参加者は佐世保市の他、大村市、松浦市、雲仙市など広い地域からお集まりいただくことができました。

 研修会では、薬学部教員による、モデルナ製ワクチンを想定した模擬バイアルを使用したワクチン充填の実技研修と、薬学部岸原健二先生による新型コロナウイルスワクチンの種類と特徴に関する講義を行いました。

 実技研修では、細い低用量シリンジへの充填での空気抜きの作業工程が想像以上に困難だったようですが、参加者から「実際の充填作業に従事する前に研修を受けることができ、安心した。」「有益な研修で、貴重な体験をすることができた。」などの高評価の感想をいただきました。また、「免疫学の講義を聴けて良かった」という感想もあり、参加者にとって有益な研修会を開催できたものと考えています。また、ファイザー社製ワクチンの調製研修を要望する声もあり、今後の開催を検討しています。

 ワクチン接種は職域接種というカテゴリーが加わり、今後さらに加速度的に拡大していきます。本学薬学部でも引き続き、地域の薬剤師の方々への調製研修による手技向上支援を行うと同時に、自らも調製者として地域住民へのスムーズな接種率向上へも貢献していかなければなりません。

 長崎国際大学及び薬学部は、「すべての人に健康と福祉を」の目標のもと、今後も地域への教育、医療での貢献を続けてまいります。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
...loading