menu

トピックス

学術研究トピックス

2021.02.19 学術研究

【学術研究】転写制御因子NKAPが生殖細胞分化に必須であることを発見

 長崎国際大学薬学部田中宏光准教授らが開発したモノクローナル抗体TRA98は、特定のステージの生殖細胞を見分けるために、世界中の生殖細胞研究者に用いられています。また本抗体はBioAcademia社から販売、本学知財として一定の収入を得ています。今回、長崎国際大学において、新たに産業総合研究所で開発されたタンパク質アレイを用いて、TRA98の抗原がNKAP転写調節因子であり、NKAPが生殖細胞の分化に必須のあることを明らかにしました。本研究成果により、今後生殖細胞研究の分野で、本抗体の需要が高まることが期待されます。本研究は、長崎国際大学分子生物学研究室をはじめとする、産業総合研究所、大阪大学微生物病研究所、東京大学定量生命科学研究所、武蔵野大学、MAYO CLINIC, USA等との共同研究で実りました。

論文情報

題名:
Identification and characterization of the antigen recognized by the germ cell mAb TRA98 using a human comprehensive wet protein array
著者:
Eriko Fukuda, Hiromitsu Tanaka, Kei Yamaguchi, Mieko Takasaka, Yoshifumi Kawamura, Hidenobu Okuda, Ayako Isotani, Masahito Ikawa, Virginia Smith Shapiro, Junji Tsuchida, Yuki Okada, Akira Tsujimura, Yasushi Miyagawa, Shinichiro Fukuhara, Yoshitaka Kawakami, Morimasa Wada, Yoshitake Nishimune, Naoki Goshima
掲載雑誌:
Genes to Cells
リンク:
doi: 10.1111/gtc.12832

本件に関する問い合わせなど

長崎国際大学 分子生物学研究室 田中宏光

関連リンク
PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
...loading