menu

トピックス

学術研究トピックス

【学術研究】アルツハイマー病予防に向けた最先端研究

アルツハイマー月間である9月に、田中宏光准教授分子生物学研究室グループと安東由喜雄教授(学長)アミロイドーシス病態解析学研究室グループの共同研究成果がNHK長崎放送局で放送され、NHK長崎WEB特集として紹介されました。

田中宏光准教授は、HASIPINキナーゼを阻害する天然物クメストロールを多く含むモヤシを栽培し、アルツハイマー病疾患モデルマウスに与え、その発症を抑制することを発見しました。本成果をアルツハイマー病予防の開発に役立つものと考えられます。本成果をもとに開発した「クメフル」が長崎国際大学発ベンチャー企業「佐世保食品科学工房」(https://www.sasebo.store/)から販売されています。

 本研究成果はHNK長崎WEB特集で紹介されています。

リンク:https://www.nhk.or.jp/nagasaki/lreport/article/002/19/

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
  • 古本募金
...loading