menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

藤井 俊輔(ふじい しゅんすけ)助教

藤井 俊輔

所属

健康管理学部 健康栄養学科

専門分野

食品学、食品機能学

研究テーマ

天然化合物に対するモノクローナル抗体の作製及び、モノクローナル抗体を研究基盤とした各種応用研究

担当科目

食品学Ⅰ・Ⅱ、食品学実習、栄養の化学演習、基礎化学実習、教養セミナーA・B、卒業研究、管理栄養士演習、総合演習、栄養学専門演習

所属学会

日本生薬学会、日本栄養・食糧学会、日本薬学会、日本栄養改善学会、日本食品微生物学会、日本食品衛生学会、日本栄養士会

研究室

H06

連絡先

0956-39-2020(TEL代表) 0956-20-5622(FAX代表)

E-mail

URL

プロフィール

[経歴]
2009年3月 長崎国際大学 健康管理学部健康栄養学科 卒業
2009年4月 長崎国際大学大学院 健康管理学研究科健康栄養学専攻 入学
2011年3月 長崎国際大学大学院 健康管理学研究科健康栄養学専攻 修了
2011年4月 長崎国際大学 健康管理学部健康栄養学科 助手
(2011年4月~ 長崎国際大学薬学部薬学科 薬品資源学研究室 訪問研究員)
2016年4月 長崎国際大学 健康管理学部健康栄養学科 助教

[取得学位]
(修士)健康管理学

[取得免許]
2009年 管理栄養士免許

研究紹介

研究紹介

 私の研究は、我々の身近にある「食物」にも「薬物」にもなり得る植物性食品や、薬用植物(生薬)等がターゲットです。これらの植物に含まれる様々な天然化合物の中には、多彩な機能性を有する化合物が存在します。私の研究では先ず、様々な機能性を有する天然化合物に対するモノクローナル抗体(mAb)の作製を行い、mAbを用いたELISA法やeastern blotting等の各種免疫化学的分析手法の確立を一つの目的として研究を行っています。さらに、mAbと確立した免疫化学的分析手法を駆使し、天然化合物が有する様々な機能性の解明に応用しています。

研究活動

外部資金獲得歴

1) 平成25-26年度 コスメトロジー研究振興財団 研究助成(分担)
2) 平成27-29年度 科学研究費助成事業 (若手研究B) (代表)

社会活動

非常勤講師

・九州文化学園調理師専修学校(食品学 平成23年度~27年度)
・九州文化学園歯科衛生士学院(生化学 平成24年度~27年度)
・社団法人唐津東松浦医師会 唐津看護専門学校 看護専門課程(代謝栄養学 平成22年度~)
・長崎短期大学 食物科製菓・調理師コース(食品衛生学実験 平成27年度)
・長崎短期大学 食物科栄養士コース(食品学Ⅰ・Ⅱ、食品学実習 平成28年度~)

社会貢献・地域連携

・「佐世保市民の健康に関する実態調査」集計・分析業務 平成24年1月20日~日3月31日
・夏休み科学体験教室「食べ物の科学にふれてみよう!!」
・長崎県栄養士会佐世保支部 副支部長 (平成27年度~平成28年度)
・栄養ながさき編集委員(平成28年度)

委員会

・学生委員会 委員(全学、学科内)
・国家試験対策委員会 委員(学科内)

研究実績

学会発表

1)平成22年9月25日  藤井俊輔、森永 紀、正山征洋
「グリチルリチン特異的抗体と化学発光法を用いたグリチルリチンの新規定量分析法の開発」第57回日本生薬学会年会
2)平成22年12月11日  藤井俊輔、野村秀一、森永 修、正山正弘
「Eastern Blottingを基盤としたグリチルリチンの新規定量分析法について」第27回日本薬学会九州支部会
3) 平成23年3月 森永紀、藤井俊輔、Halermat SUKTAP、迎涼、宇都拓洋、田中宏幸、正山征洋
「イースタンブロットを用いた漢方薬のハイスループット分析法」第131年会日本薬学会
4) 平成23年12月 藤井俊輔、森永紀、野村秀一、正山征洋
「リクイリチンをモデルとした免疫化学的分析方法の開発」第28回日本薬学会九州支部大会
5)平成24年9月 藤井俊輔、森永紀、野村秀一、正山征洋
 「抗リクイリチンモノクローナル抗体を用いた免疫化学的分析法の開発」 第59回年会日本生薬学会
6)平成24年12月 藤井俊輔、森永紀、野村秀一、正山征洋
「抗天然化合物モノクローナル抗体を軸とする免疫化学的手法を利用した甘草の品質評価法への展開」第29回日本薬学会九州支部大会
7)平成25年2月 石橋なつみ、内野源太、熊井まどか、古賀貴子、水江文香、川内美樹、小玉智章、宮原恵子、岩﨑啓子、西田江里、藤井俊輔、岡本美紀
「休養状況から見た健康に向けた実践状況~佐世保市民の健康に関する実態調査報告~」
第11回長崎栄養改善学会
8) 平成25年9月 藤井俊輔、森永紀、野村秀一、正山征洋
「抗グリチルリチン/リクイリチンモノクローナル抗体を用いたハイスループット分析法の確立」第60回年会日本生薬学会
9)平成25年9月 石橋なつみ、熊井まどか、古賀貴子、水江文香、川内美樹、小玉智章、宮原恵子、岩﨑啓子、西田江里、藤井俊輔、岡本美紀
 「佐世保市民の健康に関する実態調査から見た健康への意識及びメタボリックシンドロームの対策状況について」第60回栄養改善学会
10)平成25年10月 岩﨑啓子、出口雄也、藤井俊輔、長岡寛明、野村秀一
 「緑茶抽出液のビブリオ属に対する抗菌作用」 第47回日本食生活学会
11)平成25年11月 藤井俊輔、森永紀、野村秀一、正山征洋
 「抗天然化合物特異的モノクローナル抗体を用いた免疫化学的分析法の開発~甘草主要フラボノイド「リクイリチン」をモデル化合物として~」第12回長崎栄養改善学会
12)平成25年12月 藤井俊輔、森永紀、野村秀一、正山征洋
 「抗グリチルリチン/リクイリチンモノクローナル抗体を用いた生薬・漢方薬の品質評価法の開発」第30回日本薬学会九州支部大会
13) 平成26円11月 岩﨑啓子、藤井俊輔、野村秀一
「健康成人より分離した薬剤耐性菌のスクリーニング」 第49回日本食生活学会
14) 平成26年12月 山下明寿、宇都拓洋、藤井俊輔、森永紀、正山征洋
「リクイリチン及びリクイリチゲニンのメラニン合成誘導能とその作用機序解析」 第31回日本薬学会九州支部大会
15) 平成27年9月 山下明寿、宇都拓洋、藤井俊輔、森永紀、正山征洋
「リクイリチン及びリクイリチゲニンのメラニン合成誘導能とその作用機序解析」
第62回日本生薬学会
16) 平成27年11月 藤井俊輔、森永紀、野村秀一、宇都拓洋、正山征洋
「天然化合物に対する特異的モノクローナル抗体を用いた甘草の品質評価法の開発
~グリチルリチンとリクイリチンをモデル化合物として~」
第14回長崎栄養改善学会
17) 平成27年11月 岩﨑啓子、藤井俊輔、野村秀一
「健康成人の薬剤耐性菌の保有状況について」 第51回日本食生活学会
18)平成28年11月 岩﨑啓子、藤井俊輔、野村秀一
「健康成人の薬剤耐性菌の保有状況について」 第53回日本食生活学会

原著論文

1)石橋なつみ、内野源太、熊井まどか、古賀貴子、水江文香、川内美樹、小玉智章、宮原恵子、岩﨑啓子、西田江里、藤井俊輔、岡本美紀 休養状況から見た健康に向けた実践状況 長崎国際大学論叢 第13巻 P115~123
2)石橋なつみ、内野源太、熊井まどか、古賀貴子、水江文香、川内美樹、小玉智章、宮原恵子、岩﨑啓子、西田江里、藤井俊輔、岡本美紀 健康への配慮とメタボリックシンドローム対策状況について-佐世保市民の健康に関する実態調査報告- 長崎国際大学論叢 
第14巻 P185~193
3)Fujii S, Morinaga O, Uto T, Nomura S, Shoyama Y. Development of a monoclonal antibody-based immunochemical assay for liquiritin and its application to the quality control of licorice products. J. Agric. Food Chem. 16;62(15):3377-3383. 2014.
4)Fujii S, Tuvshintogtokh I, Mandakh B, Munkhjargal B, Uto T, Morinaga O, Shoyama Y. Screening of Glycyrrhiza uralensis Fisch. ex DC. containing high concentrations of glycyrrhizin by Eastern blotting and enzyme-linked immunosorbent assay using anti-glycyrrhizin monoclonal antibody for selective breeding of licorice. J. Nat. Med. 68(4):717-722. 2014.
5)Fujii S, Morinaga O, Uto T, Nomura S, Shoyama Y. Development of double eastern blotting for major licorice components, glycyrrhizin and liquiritin for chemical quality control of licorice using anti-glycyrrhizin and anti-liquiritin monoclonal antibodies. J. Agric. Food Chem. 64(5):1087-1093. 2016
6) Fujii S, Morinaga O, Uto T, Nomura S, Shoyama Y. Simultaneous determination of glycyrrhizin and liquiritin in licorice roots and Kampo medicines by combination enzyme-linked immunosorbent assay using anti-glycyrrhizin and anti-liquiritin monoclonal antibodies. J Immunoassay Immunochem. 28:1-14.
doi: 10.1080/15321819.2016.1260586. 2016

総説

1)Tanaka H, Morinaga O, Uto T, Fuji S, Aboagye FA, Tung NH, Li XW, Putalun W, Shoyama Y. Application of Mono-clonal Antibodies against Bioactive Natural Products -Eastern Blotting and Preparation of Knockout Extract- Int. J. Anal. Chem. 2012;2012:2604257)
2)Tung NH, Tanaka H,Tsujimura A, Miyagawa Y, Wada M, Fujii S, Uto T, Shoyama Y. In vitro fertilization with mouse sperm activated by components of licorice root extract. Nat.Prod.Chem.Res. 4: 217. doi:10.4172/2329-6836.1000217
3) Shunsuke F, Nguyen HT, Takuhiro U, Hiroyuki T, Xiao WL, Shao-Qing C, Waraporn P, Yukihiro S. Quality control of natural products by fingerprinting of eastern blotting. Pharmaceutica Ana-lytica Acta(open access journal)(DOI: 10.4172/2153-2435.1000494)

著書

1)Osamu Morinaga, Xiao-Wei Li Shunsuke Fujii / Quality Control of Herbal Medicines and Related Areas/ In Tech Chapter 14.P255~268(ISBN :978-953-307-682-9. 2011.)
2) Hiromitsu Tanaka, Morimasa Wada, Nguyen Huu Tung, Shunsuke Fujii, Takuhiro Uto, Yukihiro Shoyama. Research of Licorice in the Past, present and Future - Preparation of Various Bioactive Extracts as Alternative Medicines / In Tech
(chapter title: In Vitro Fertilization Activators for Future) (in press)

その他雑誌など

1) 藤井俊輔、宇都拓洋、正山征洋 甘草含有成分に対するモノクローナル抗体を用いた甘草の品質評価法の開発 / 2017年3月 /月刊「アグリバイオ」第1巻4号 72-75頁

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading